アウディと提携のザウバー「独立F1チームとして存続することは不可能」
アルファロメオからアウディにパートナーを乗り換えるザウバーだが、チーム代表のフレデリック・ヴァスールは、ザウバーが独立したF1チームとして競争するのは「まったく不可能だ」と語り、アウディと提携することは不可欠だと考えている。

ザウバーはF1の最後の独立チームの1つであり、2018年にアルファロメオに改名されるまでザウバーの名前で運営されていた。

しかし、それはチームのタイトルスポンサーとしてのネーミングライツであり、チームの所有権とレーシングライセンスはザウバーの名前のままだった。

アルファロメオとの契約は2023年シーズンの終わりに期限切れとなり、アルファロメオは更新しないことを発表。アウディは2026年にならなければ代わりを務めることはない。

2026年からザウバーはアウディのファクトリーF1チームとして参戦し、アウディのF1パワーユニットを走らせる。

これは、BMWに一時的に属していたチームの次の章となる。BMWは、2005年にザウバーを買収したが、数年後に撤退して、創設者のペーター・ザウバーに再び売却している。

アウディとの今後の契約によって、ザウバーがワークスチームとして運営されることになるが、フレデリック・ヴァスールはそれが「大きなチャンス」であると考えている。

「まず短期的な観点から言えば、我々が次のステップに進むことができることを知っていることを除けば、大きな影響はない。これは採用の面で大きなチャンスであり、将来のスポンサーにとってもより魅力的なものになるだろう」

「しかし、中期的には、この種のパートナーシップを得ることはゲームチェンジャーになるのは確かだろう。F1はますます困難になっていると思う」

「F1は過去10年間で大きな進歩を遂げたが、今日独立したチームとして存続することは、私の観点からはまったく不可能だ」

「これはおそらく我々が追加できる最良のオプションであり、将来のためにこの種の取引を行うことができたことに非常に満足している」

これはチームにとってより多くの資金を意味する取引であり、フレデリック・ヴァスールは現時点でチームは予算上限で運用していないことを明らかにした。

「予算上限にはまだほど遠い」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「つまり、我々は予算上限を達成するために戦っていることを意味し、このケースでも、それにはまだほど遠い。我々は結果に完全に依存している」

「長期的な視点を持ちたい場合、独立したチームが3~4つしかない場合、それはますます難しくなるだろう」

また、フレデリック・ヴァスールは、アウディが今後数年間でザウバー1チームの株式を購入する予定であることを明らかにしたが、詳細には触れなかった。

「彼らは将来、会社の株式を取得する予定だが、詳細は明らかにしていない。今日、私もそうするつもりなあい」とフレデリック・ヴァスールは語った。

2022年の残り2レースで、ヒンウィルのチームはコンストラクターズチャンピオンシップで6位につけており、アストンマーティンにわずか4ポイント差をつけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / アウディ