ザウバー 「アウディのF1ワークスチームになることは名誉であり責任」
ザウバーは、2026年からアウディF1のワークスチームになることは「名誉であり、大きな責任」だと語り、パートナーシップを成功への追及における大きな利益とみなている。

今年8月にアウディが新世代のパワーユニットが導入される2026年からパワーユニットメーカーとしてF1に参戦することを確認したとき、話題はすぐにどのチームに供給するのかに移った。

そして、噂通り、10月26日にアウディとザウバーの2026年からのパートナーシップが正式に発表された。

契約の一環として、アウディはF1パワーユニットを製造し、ザウバーはそれを搭載するF1マシンの製造と開発を続けます。

また、アウディはは、ザウバー・グループの株式を購入することを計画しており、これにより、両社nパートナーシップは現在のアルファロメオとの広告的な契約とは異なるものとなる。

2023年末でアルファ ロメオとザウバーとの提携は終了する。

ザウバー・モータースポーツが先を見据える中、チーム プリンシパルのフレデリック バスールは、F1 グリッドのトップに上り詰めるというチームの目標におけるアウディの重要性について語った。

「アウディ AG とザウバー・モータースポーツとのパートナーシップは、グリッドのフロントに向けて前進し続ける我々のチームにとって重要なステップだ」とフレデリック・バスールは述べた。

「アウディの公式ワークスチームになることは、名誉であり、大きな責任であるだけでなく、将来にとって最良の選択肢であり、アウディがF1での旅のために設定した目標を達成するのに役立つと確信している」

ザウバー・ホールディングのフィン・ラウジング会長は、「アウディはザウバー・グループにとって最高の戦略的パートナーだ。我々が価値観とビジョンを共有していることは明らかであり、強力で成功するパートナーシップで共通の目標を達成することを楽しみにしている」

ザウバーは、1993 年にメルセデスの支援を受けてF1に参入して以来、最も長く活躍しているチームの1 つ。その間、完全なプライベーターチームとしての期間もあったが、今回のアウディとのようなパートナーシップは初めてではない。

F1の参戦期間中、レッドブル、BMW、アルファロメオがザウバーと提携し、特に2006年から2009 年にかけてのBMWザウバーが最も強力だった。チームがこれまでで最初で唯一のグランプリ勝利を獲得したのはこのパートナーシップであり、ロバート・クビサの2008年のF1カナダGPで優勝している。

そのシーズン、BMW ザウバーはコンストラクターズチャンピオンシップで 3位でフィニッシュ。前年の2007年はマクラーレンの失格にとってランキング2位を獲得した。

だが、2009年シーズン限りでBMWが撤退したことで、ペーター ザウバーは、チームを買い戻し、F1の存在を救った。

したがって、ザウバーは過去に、ドイツの大手メーカーが支援することで達成できることを示してきた。

アウディは3年以内に勝利を目指すチームになることを目標に掲げており、現在、財政的にはるかに安定しているF1において、ザウバーもこのアウディのコラボレーションがさらに一歩進んで、タイトルに挑戦できるものに発展することを期待している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / アウディ