ザウバー会長、アルファロメオF1代表とのドライバー選定の意見の相違で辞任
ザウバー会長を辞任したパスカル・ピッチは、アルファロメオF1のチーム代表フレデリック・ヴァスールとドライバーの選択について意見が一致しなかったことが、そのきっかけとなったことを明らかにした。

パスカル・ピッチは、2016年にロングボウ・ファイナンスに売却されたチームの救済において重要な役割を果たし、近年、ザウバーで重要な人物だった。

チームがアルファロメオF1へとブランド変更した後も、フィン・ラウジングが率いるコンソオーシアムのイスレロ・インベストメンツ・コンソーシアムと緊密に協力するためにザウバー・ホールディングスの会長として留まりました。

しかし、F1メキシコGPに先立ち、パスカル・ピッチは会長を辞任することを発表してチームを驚かせた。

パスカル・ピッチは、会長を辞任した理由について、チームのオーナーへの信頼は継続しているが、アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールと意見が一致しなかったと語った。

「今後、フレデリック・ヴァスールの経営陣と関わりたくはない」とパスカル・ピッチは語り、特定の問題について詳しく説明することは拒否したものの、将来のドライバー選定がその中心であったと説明した。

ザウバーは、2022年にバルテリ・ボッタスのチームメイトとして、中国人ドライバーの周冠宇を起用する。現在、F2でランキング2位につけている周冠宇だが、起用の背景にはスポンサーパッケージと中国市場におけるマーケティング的な面も要因であったことをフレデリック・ヴァスールは認めている。

パスカル・ピットは、周冠宇には何の反感も持っていないが、2022年のドライバー選択は、チームがアルファロメオとの提携の一環としてフェラーリと行っていた以前の緊密なアライアンスから逸脱し、過去3年間ドライバーを務めたアントニオ・ジョビナッツィの放出へと繋がった。

「ドライバーの選び方が、私と現在の経営陣との間のテーブルを壊したポイントの1つだった」とパスカル・ピットは説明した。

「アントニオがもうここにいないことを残念に思う。周が到着することを嬉しく思っている。私は彼をザウバー・ドライバー・アカデミーに連れてきたいと思って以来、中国の若者と彼の家族を知っているし、彼が開くことができる商業的機会を評価している」

パスカル・ピッチは、ドライバー選定には不満を抱いているものの、マイケル・アンドレッティへのチーム売却の交渉をきっかけに、チームへのコミットメントを繰り返し述べたザウバーのオーナーを完全に信頼していると語った。

オーナーが売却について熟考した理由について、パスカル・ピッチは「ベルギーGPで行ったことはまだ癒えていない傷だ」とコメント。

「セーフティカーの後ろに3周のノンレースがあったことで、ウィリアムズはポイントを獲得することができ、コンストラクターズチャンピオンシップでのポジションを取り戻す可能性はほとんどなくなった。スパは我々にとって重要な分岐点だった。それが我々がF1をあきらめて売却することを決めた主な理由の1つだった」

だが、ザウバーのオーナーがチームの完全な支配権を放棄することを望まなかったため、アンドレッティとの交渉は最終的に崩壊した。パスカル・ピッチはフィン・ラウシングが将来のために正しいことをしたと信じている。

「彼は自由に選択することができる。彼は株主の代表であり、情熱とエネルギーをすべて注ぎ込んでいる信頼できる人物だ」とパスカル・ピッチは語った。

「私は少数派になり、結論を出した。フィンは、会社を代表する他の人々と同じように私にとって信頼できる存在だ。迷わず、私はチーム全体の活躍を祈っている」

「チームのオーナーは熱心で非常に情熱的な人々であり、チームを構成するスタッフの保護を最優先事項としているので、チームの将来については安心している」

「したがって、私の辞任は、ザウバーのスタッフの懸念の原因になることは決してない。そう私は確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / アルファロメオF1