ザウバー 「アルファロメオとF1での将来のために話し合っている」
ザウバーのF1オペレーションは、来シーズンまでアルファロメオのブランディングを継続することを望んでいる。

以前はネーミングライツのスポンサーだったアルファロメオは、2018年からチームのブランディングを引き継いた。その契約は昨年10月に延長され、スイスを拠点とするチームは今シーズンもアルファロメオとして知られている。

チームは、パワーユニットの使用を介してフェラーリと技術的な関係を築いている。この取引は、新しいF1フォーミュラがスポーツに登場する2025年まで続くと理解されている。

今年、フィアット・クライスラーとプジョー・グループの合併に続いて、アルファロメオの名前の継続的な使用に関する疑問符が提起された。2つの事業はステランティスとして統合された。

少量生産のメーカーとして、新しい親会社がF1での存在感を維持するために現在の支出を継続することに満足しているかは不明だ。

「最初にアルファロメオに質問する必要があるが、我々は将来のために話し合っている」とチーム代表のフレデリック・ヴァスールは、新しい構造を考慮したアルファロメオの継続的な関与について語った。

「アルファロメオのブランドと名前は象徴的なものだと思う。これはグループにとっても重要な名前だ。ブランドの歴史はF1に直結しており、我々は一緒に継続できることを願っている」

アルファロメオは、1950年にジュゼッペ・ファリーナとともに初代ワールドチャンピオンを獲得。1951年にはファン・マヌエル・ファンジオとタイトルを獲得した。だが、1958年にコンストラクターズチャンピオンシップが導入されるまでにアルファロメオはF1を去っていた。

その後は1970年代後半に、1960年代にエンジンサプライヤーとしてF1に復帰したが、1985年の終わりに再び撤退している。

チームはフェラーリとの技術的な関係に加えて、フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)とも関係がある。FDAのメンバーであるアントニオ・ジョビナッツィはフェラーリによってチームに配置され、カラム・アイロットはF1ポルトガルGPでフリープラクティスに参加しました。

ザウバーは1993年にF1に参戦し、スポーツカーレースでの長い関係によってメルセデスをF1にもたらした。エンジンはチームによって設計されたが、イルモアがメルセデスと提携して製造したため“Concept by Mercedes-Benz”の文字が記され

1997年に最初にフェラーリのF1エンジンを使用し、2006年にBMWが関与するまでそれを使用し続けた。BMWが撤退した2010年にザウバーはフェラーリエンジンに戻り、それ以来関係が続いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / アルファロメオ・レーシング