ザウバー
財政難に苦しんでいるザウバーが、2016年の第3戦である中国GPを欠場するかもしれないと噂されている。

ザウバーは、2月に300名のチームスタッフへの給与の支払いを滞らせていたが、さらに厳しい問題に直面しているとされている。

上海への旅立つ前、F1パドックではザウバーが今後2週間で行き止まりに達するかもしれないと噂が浮上した。

チームの共同オーナーで代表を務めるモニーシャ・カルテンボーンは、バーレーンには姿を見せておらず、ザウバーの緊急の財政問題に対処するためにヒンウィルに留まっていたと推測されている。

Speed Week は「4番目に古いF1チームがトラブルを抱えているのは秘密ではない」と述べた。

先週、モニーシャ・カルテンボーンは「我々の資金についてはコメントしません。それを保ち続けていくつもりです。ですが、賃金の遅れについて言及すれば、非常に悔やまれることでした」と述べていた。

「同時にいろいろな状況がまとまってしまった不運なセットでした。このようなことはもう起こらないはずです」

モニーシャ・カルテンボーンは、現在のF1の収益モデルを激しく批判している。

「まだ多くのチームが問題を抱えています。それは適切なことではありません。基本的に間違っています」

ザウバーの大口スポンサーであるブラジル銀行を持ち込んだフェリペ・ナッセは、F1バーレーンGPでマシンについて声高に不満を述べている

「こんなクルマ、運転してられないよ!」とフェリペ・ナッセはチームラジオで叫んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー