ザウバーの2011年09月のF1情報を一覧表示します。

セルジオ・ペレス:F1日本GPプレビュー

2011年9月30日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、F1日本GPへの意気込みを語った。

セルジオ・ペレス (ザウバー)
「鈴鹿はシーズンで最も特別なレースのひとつだと思う。日本に行くのは初めてだけど、シミュレーターでサーキットを走っているし、もちろんエキサイティングなサーキットだ。実際に高速コーナーを走るのを本当に楽しみにしている。それに僕たちのマシンはあのようなコーナーにかなり合っていると思う」

ザウバー、F1インドGPでアムルとスポンサー契約

2011年9月30日
ザウバー Amul アムル
ザウバーは、F1インドGPでアムル(Amul)とスポンサー契約を結んだことを発表した。

アムルは、インド最大の乳製品会社。今回の契約により、10月下旬に初開催されるF1インドGPでザウバー C30のリアウイングの翼前面、そして、小林可夢偉、セルジオ・ペレス両ドライバーのヘルメットにアムルのロゴが掲載される。

小林可夢偉 「最後までよくわからないまま終わってしまった」

2011年9月28日
小林可夢偉
小林可夢偉が、14位に終わったF1シンガポールGPの週末を振り返った。

「木曜日のシンガポールは思っていたよりも涼しくて、ちょっと拍子抜けしたんですけど、金曜日から暑さも湿度も出てきて、実際走ると路面も去年ほどひどくはないけどバンピーだし、シンガポールらしくなったなと感じました」

小林可夢偉 インタビュー:2011年 F1日本GPへの想い

2011年9月27日
小林可夢偉
小林可夢偉が、日本人唯一のF1ドライバーとして、東日本大震災に見舞われた母国への現状、そして2011年のF1日本GPへの想いを語った。

可夢偉、現在の日本を状況をどのように感じていますか?
3月にニュースが届いたあと、災害状況は深刻化していきましたが、これまでの日本の回復具合は見事だと思います。それは日本が海外から多くの援助をして頂いたおかげですし、日本人が非常に強く、お互いに助け合い、支えあってきたからでもあります。もちろん、まだ道のりは長いですが、進展は目を見張るものがあります。

ザウバー:小林可夢偉は14位 (F1シンガポールGP)

2011年9月26日
小林可夢偉 F1シンガポールGP 結果
ザウバーは、F1シンガポールGPの決勝レースで、セルジオ・ペレスが10位、小林可夢偉は14位だった。

小林可夢偉 (14位)
「非常に難しい週末でした。週末を通してペースはありましたが、レースではトラフィックもあったし、セーフティーカーラン中の戦略ミスもあってうまくいきませんでした。青旗はいっさい見えなかったので、ドライブスルーペナルティを受けたのにはとても驚きました」

ザウバー:小林可夢偉はクラッシュで17番手 (F1シンガポールGP予選)

2011年9月25日
小林可夢偉 F1シンガポールGP 予選
ザウバーは、F1シンガポールGPの予選で、セルジオ・ペレスが11番手、小林可夢偉はQ2でクラッシュして17番手だった。

小林可夢偉 (17番手)
「Q2でウオールに突っ込み終わってしまいました。アクシデントは僕のせいです。チームには本当に申しわけないと思っています。ターン10の縁石に乗りすぎて、クルマがあまりにも大きくジャンプしてこの結果になってしまいました」

あびる優、小林可夢偉の応援でシンガポールに同行

2011年9月24日
あびる優 小林可夢偉
小林可夢偉との交際が報じられているあびる優が、シンガポールで久々にF1パドックに姿をみせた。

今回、あびる優と小林可夢偉の2ショット写真が掲載されたのはザウバーの公式メディアサイト。

写真には「小林可夢偉とガールフレンドのあびる優」とキャプションが添えられており、すでにチーム内であびる優は小林可夢偉の彼女として認知されているようだ。

ザウバー:小林可夢偉は9番手 (F1シンガポールGP初日)

2011年9月24日
小林可夢偉 F1シンガポールGP フリー走行結果
ザウバーは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で、セルジオ・ペレスが8番手、小林可夢偉は9番手だった。

小林可夢偉 (9番手)
「マシンはかなりオーケーです。最近レースをしたサーキットとは違い、より多くのダウンフォースが要求されるサーキットの方がたいてい合っています。これまでと違って、フィーリングもいいです。ソフトとスーパーソフトの両方のタイヤコンパウンドもオーケーだと思います」

小林可夢偉:F1シンガポールGPプレビュー

2011年9月17日
小林可夢偉
小林可夢偉が、F1シンガポールGPへの意気込みを語った。

小林可夢偉 (ザウバー)
「去年、僕たちはシンガポールでかなり競争力がありました。Q3に進めたのは良い思い出ですね。もちろん、レースの結果は非常に異なるものでしたけどね。9番手を走行しているとき、タイヤがかなり傷んでいて、クラッシュするというミスをしてしまいました」
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム