佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー第3戦ロングビーチで、日本人初優勝を成し遂げた。

佐藤琢磨は、A.J.フォイトがキャリアの間使っていたナンバーである14をつけたマシンの上に立って日の丸を振ったあと、テレビカメラに向かって「本当に最高です」と語った。

4番からスタートした「マシンは最高でしたし、ピットストップも完璧でした」とコメント。

「信じられないような気分です」

80周のレースのうち後半の30周、佐藤琢磨を追いかけたが抜けなかったグラハム・レイホールが2位。3位はジャスティン・ウィルソン、4位はダリオ・フランキッティだった。

佐藤琢磨は、F1に数年間参戦したあと、2010年にインディカー・シリーズに転向。ロングビーチのレースは、佐藤琢磨にとってインディ52戦目だった。

佐藤琢磨、インディカー初優勝!日本人初の快挙! Takuma Sato

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨