ダニール・クビアト、ホームGPで8位入賞「ドライビングには満足」

2020年9月28日
ダニール・クビアト、ホームGPで8位入賞「ドライビングには満足」 / アルファタウリ・ホンダ F1ロシアGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、2020年のF1世界選手権 第10戦 F1ロシアGPの決勝レースで8位入賞を果たした。

ハードタイヤで11番グリッドからスタートしたダニール・クビアトは、30周目までピットインを引っ張り、一時3番手を走行。ミディアムタイヤに交換すると8番手でコースへ復帰する。

アルファタウリ・ホンダF1、ダブル入賞も「もっと多くを達成できた」

2020年9月28日
アルファタウリ・ホンダF1、ダブル入賞も「もっと多くを達成できた」 / F1ロシアGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、2020年のF1世界選手権 第10戦 F1ロシアGPの決勝を振り返った。

アルファタウリ・ホンダF1は、母国グランプリのダニール・クビアトが8位、ピエール・ガスリーが9位とダブル入賞を果たしたが、ジョナサン・エドルズはもっと上位でフィニッシュするポテシャルがあったと語る。

2020年 F1ロシアGP 決勝:ピレリ タイヤ戦略解説

2020年9月28日
2020年 F1ロシアGP 決勝:ピレリ タイヤ戦略解説
ピレリが、2020年のF1世界選手権 第10戦 F1ロシアGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

メルセデスのバルテリ・ボッタスが、2017年のF1初優勝時と同様に、3番グリッドのスタートからロシアグランプリを制した。ボッタスは、チームメイトのルイス・ハミルトンの10秒ペナルティを伴うピットストップの間にトップに立った。その10周後、ボッタスはイエロー・ミディアムからホワイト・ハードへと交換した。

ランス・ストロール 「ルクレールがノーペナルティなんて馬鹿げてる」

2020年9月28日
ランス・ストロール 「ルクレールがノーペナルティなんて馬鹿げてる」 / レーシング・ポイント F1ロシアGP 決勝
レーシング・ポイントF1のランス・ストロールは、F1ロシアGPのオープニングラップでリタイアに追いやられたシャルル・ルクレール(フェラーリ)の走りを非難した。

ランス・ストロールは、13番グリッドから好スタートを決めてポジションアップを果たしていたが、ターン4でシャルル・ルクレールがストロールの右リアタイヤに接触。ストロールはスピンして反対側のウォールにクラッシュした。

2020年 F1ロシアGP 決勝:トップ3 ドライバーコメント

2020年9月28日
2020年 F1ロシアGP 決勝:トップ3 ドライバーコメント
2020年のF1世界選手権 第10戦 F1ロシアGPでトップ3入りして表彰台入りしたドライバーのコメント。

F1ロシアGPでは3番手グリッドからスタートしたバルテリ・ボッタス(メルセデス)が優勝。スタートで2番手を上げたボッタスは、トップを走行していたルイス・ハミルトンに10秒ペナルティを科せられたことでトップに浮上。その後は安定した走りでレースをコントロール。ファステストラップも記録し、開幕戦以降となる今シーズン2勝目、通算9勝目を挙げた。

マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンのペナルティは厳しすぎ」

2020年9月28日
マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンのペナルティは厳しすぎ」 / F1ロシアGP 決勝後記者会見
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1ロシアGPでのルイス・ハミルトン(メルセデス)の3つのペアナルティに同情。「厳しすぎる」と述べた。

ポールポジションからレースをリードしていたルイス・ハミルトンだが、決勝前に指定されたエリアの外でスタート練習をしたとして、2つの5秒ペナルティを科せられて、優勝争いから脱落した。

F1ロシアGP:ルイス・ハミルトンに科したペナルティポイントを撤回

2020年9月28日
F1ロシアGP:ルイス・ハミルトンに科したペナルティポイントを撤回
FIA(国際自動車連盟)は、F1ロシアGPでルイス・ハミルトンに与えた2点のペナルティポイントを撤回。代わりに25,000(約300万円)の罰金を科した。

当初、FIAは、ルイス・ハミルトンがF1ロシアGP決勝前のレコノサンスラップでのスタート練習を行った場所が違反だとして、レース中に10秒ペナルティと2点のペナルティポイントを科した。これにより、ハミルトンは1戦の出場停止となる12点まであと2点となっていた。

マックス・フェルスタッペン、F1ロシアGPのDriver Of The Day

2020年9月28日
マックス・フェルスタッペン、F1ロシアGPのDriver Of The Day / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、2020年のF1世界選手権 第10戦 F1ロシアGPのドライバー・オブ・ザ・デーに選出された。

“ドライバー・オブ・ザ・デー”はグランプリで活躍したドライバーをファン投票で決定。F1ロシアGPでは2番グリッドからスタートし、ルイス・ハミルトンのペナルティはあったものの、メルセデス勢に割って入り2位表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペンが選出された。

レッドブル・ホンダF1 分析:心理的に大きな意味を持つ2位表彰台

2020年9月28日
レッドブル・ホンダF1 分析:心理的に大きな意味を持つ2位表彰台 / F1ロシアGP 決勝
レッドブル・ホンダF1は、2020年のF1世界選手権 第10戦 F1ロシアGPでマックス・フェルスタッペンがメルセデス勢に割って入る2位表彰台を獲得。後半戦、そして、2021年ににむけて心理的に大きな意味を持つ結果となった。

ソチ・オートドロームは過去6年間でレッドブル・レーシングが1度も表彰台を獲得できていなかったサーキット。予選でも2列目が最高位だった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム