ダニエル・リカルド、マクラーレンF1の後任オスカー・ピアストリに助言
ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1で自身の後任を務めることになった後輩ののオスカー・ピアストリにアドバイスを提供した。

マクラーレンは、ダニエル・リカルドに代えて2023年にオスカー・ピアストリを起用することを決断。先月アブダビで行われたポストシーズンテストでピアストリはマクラーレンで正式にデビューを果たした。

ジュニアカテゴリーで印象的な結果を残したオスカー・ピアストリだが、今年初めにアルピーヌF1チームとマクラーレンとの間で契約論争に巻き込まれた。さらに8回のグランプリウィナーであるダニエル・リカルドを蹴落として鳴り物入りでF1デビューを果たすピアストリには大きなプレシャーがかかるのは必然だ。

Beyond the Gridポッドキャストで、ダニエル・リカルドは 21 歳のオスカー・ピアストリにアドバイスを提供した。

「とにかくコースに出て運転するだけだと思う」とダニエル・リカルドは語った。

「とても怠惰な反応に聞こえるかもしれないけど、コースに出て運転しろとして言えない。学び、スポンジになり、運転しろとね」

「自分の基準を高く設定しすぎない方がいい。思っていたよりも良い成績を収めた場合は素晴らしいことだけど、レースごとに進めていった方がいい」

「自分が学んでいて、すべてのレースで改善していると感じている限り、それが自分自身に求めることができるすべてだと思う」

ダニエル・リカルドのマクラーレンF1チームからの退団は、パフォーマンスに苦戦した2年間のグリッド上での困難な時期を経てもたらされた。

ダニエル・リカルドは、元チームメイトのノリスと一緒に過ごした2年間、マクラーレンのマシンに慣れるのに苦労し、しばしばペース面で上回られた。

しかし、ダニエル・リカルドが耐えてきた問題は、マクラーレンとオスカー・ピアストリが同様の問題を回避する上で有利なスタートを切るだろうと信じている.

「また、マクラーレンとの僕サイドが完全に理解できなかったとしても、彼らは僕たちの2年間から多くのことを学んだと思う」

「だから、その知識はすべてオスカーに引き継ぐことができると思う。その観点から、彼らは少し有利なスタートを切ることができると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / オスカー・ピアストリ