ダニエル・リカルド、アロンソからシークレット・サンタにタトゥーの贈物 / F1アブダビGP 木曜記者会見
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、自分の左腕でシークレット・サンタの贈物を披露した。

シークレット・サンタは、仕事仲間同士でするプレゼント交換の遊びで、参加者は自分の身元を明かさずに他の誰かへの贈り物を購入する必要がある。

ダニエル・リカルドは、フェルナンド・アロンソから受け取ったシークレットサンタの贈り物の結果として、左腕の新しいタトゥーを披露した。

「フェルナンドは僕をシークレットサンタに連れて行ってくれた」とダニエル・リカルドは説明した。

「素敵な赤いボトルと一緒に、一時的なフェルナンドのタトゥーもくれた」

「ビューティフル! かなりいい感じだよね。これまで腕にタトゥーを入れた唯一のアスリートだし、消したくない。彼はかなりいい日焼けをしている!」

フェルナンド・アロンソは「ダニエルのために何かをする必要があるときは難しい決断だ」とフェルナンド・アロンソは贈り物について語った。

「だから顔を作った…昨年、彼はシリル(アビレブール)と表彰台を賭けて、タトゥーがシーズンを通して話題になっていたからね。理にかなっている」
ダニエル・リカルドと一緒にメディアルームにいたランス・ストロールは、フェルナンド・フェルナンドの顔のタトゥーを本物だと思って驚いたと語った。

「一瞬、本物だと思ったよ!なんて勇敢なんだとね」とランス・ストロールは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / フェルナンド・アロンソ / F1アブダビGP