マクラーレンF1のダニエル・リカルド、F1アゼルバイジャンGPでニューシャシーに交換
マクラーレンは、F1アゼルバイジャンGPで通常にパパイヤオレンジのカラーリングに戻り、ダニエル・リカルドは完全に新しいシャシーを手に入れる準備ができている。

F1モナコGPの“ガルフカラー”の特別カラーリングは大好評を隠したが、マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは今のところは“位回限り”であり、バクーではカラーライングは「通常に戻る」ことを確認している。

F1モナコGPで優勝経験もあるダニエル・リカルドだが、先週末は3位表彰台を獲得したチームメイトのランド・ノリスに週末を通して1秒近く遅れ、周回遅れの12位でレースを終えた。

マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレス・ザイドルは「我々はこの件について落ち着いていなければならない。彼と我々の両方がね」と RTL に語った。

「彼が適応し続けることができるように、分析を続け、学び続ける必要がある」

「我々が目にしてきたように、ポテンシャルと進歩はそこにあるので、この週末のことは忘れて、バクーに向かうことが重要だ」

バクー以降の新しいシャシーの噂については、ダニエル・リカルド自身が「チームがすべてをチェックすると確信している」と語った.

アンドレアス・ザイドルは Auto Motor und Sport に対し、ダニエル・リカルド は「マシンの性能を最大限に引き出すためのドライビングスタイル」に苦労していると語った。

「ランドは何が可能かを示している」とアンドレアス・ザイドルは付け加えた。

「今、ダニエルが彼のドライビングスタイルをどのように変えることができるかを確認する必要があると同時に、パフォーマンスを犠牲にすることなく、どのようにクルマを適応させることができるかを検討している」

「目標は、余計なことを考えずに、彼がより自然に運転できるようにすることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / F1アゼルバイジャンGP