アラン・プロスト 「ルノーF1は3人の偉大なチャンピオンと交渉していた」
ルノーF1のディレクターを務めるアラン・プロストは、2021年のドライバーとして“3人の偉大なチャンピオン”と交渉していたことを明らかにした。

ルノーF1は、今シーズン限りでチームを去ることが決定しているダニエル・リカルドの後任として、2021年に2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソを起用することを発表。F1から2シーズン離れていたアロンソは、エステバン・オコンのチームメイトとして加入する。

ルノーF1が誰と交渉していたかについて多くの名前は言及されていなかったが、今シーズン限りでチームを離れるセバスチャン・ベッテルも候補者に挙げられていた。だが、チーム代表のシリル・アビテブールは誰が考慮されていたかについて沈黙を貫いている。

しかし、ルノーF1のアドバイザーであるアラン・プロストは、数人のドライバーがダニエル・リカルドの後任としてピックアップされていたことを昭kにした。

「3人の偉大なチャンピオンがいた:フェルナンドアロンソ、セバスチャンベッテル、そして、バルテリ・ボッタスだ」とアラン・プロストは Radio Monte Carlo のインタビューで明かした。

「セバスチャンにとって、彼のモチベーションが完全に明確ではなかったという意味で、少しはっきりしていなかった」とアラン・プロストは語った。以前、シリル・アビテブールは会話は具体かしていないことを強調していた。

実際にはバルテリ・ボッタスはF1ワールドチャンピオンを獲得してはいないが、アラン・プロストは「バルテリに関しては、彼は最高のマシンを持っているので困難だった。代わりではない誰かが、我々のプロジェクトに完全にモチベーションを持ってくれる誰かを望んでいた」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー