キミ・ライコネン、Q1敗退 「前のマシンに近づきすぎてしまった」 / アルファロメオ F1スペインGP 予選
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、2021年のF1世界選手権 第4戦 F1スペインGPの予選を17番手で終えた。

「Q1敗退は期待外れだ。午前中がよかっただけにね。マシンの感触は良かったし、ラップも悪くはなかった。でも、最終セクターでロスしてしまった。ラップの最後、前のマシンに近づきすぎしまった。それだけのことだ」とキミ・ライコネンはコメント。

「かなり近づいてしまったし、正しく理解しなければ、代償を払うことになる。明日、戦いに戻るために何ができるか見ていく。オーバーテイクが簡単な場所ではないけど、全力を尽くす」

2021年 F1スペインGP 結果・タイム差
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス) - 1分16秒741
2.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) +0.036
3.バルテリ・ボッタス(メルセデス) +0.132
4.シャルル・ルクレール(フェラーリ) +0.769
5.エステバン・オコン(アルピーヌ) +0.839
6.カルロス・サインツ(フェラーリ) +0.879
7.ダニエル・リカルド(マクラーレン) +0.881
8.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ) +0.960
9.ランド・ノリス(マクラーレン) +1.269
10.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ) +1.406
11.ランス・ストロール(アストンマーティン)
12.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
13.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
14.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
15.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
16.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
17.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
18.ミック・シューマッハ(ハース)
19.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
20.ニキータ・マゼピン(ハース)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / F1スペインGP / アルファロメオ・レーシング