キミ・ライコネン、F1引退後のWRCやNASCARへの復帰を視野
キミ・ライコネンは、最終的にF1を引退した後、10年前に参戦したWRCやNASCARが選択肢になるが可能性があると語った。

今年、キミ・ライコネンはアルファロメオで19年目のF1シーズンを迎える。今年のグリッドで最年長となるライコネンは、引退を望んでいる兆候は見せておらず、コース上で“楽しんでいる”限り、F1を続けていくつもりだと語っている。

しかし、キミ・ライコネンは、2021年シーズンの1年間の契約をアルファロメオと延長しただけであり、次の展開がどうなるかの憶測に繋がっている。

まだ、本格的に考えているわけではないが、キミ・ライコネンは、WRCとNASCARはどちらとも復帰する可能性があるとカテゴリーだと語る。

「楽しいことはたくさんあるけど、F1をやめるまでは考えない」とキミ・ライコネンは Formule 1 に語った。

「それがラリーであろうと、NASCARであろうと、まったく異なるレーシングクラスであろうと、僕たちは見てみることになるだろう」

キミ・ライコネンは、2009年シーズンにフェラーリから放出された後、F1を離れて両方のシリーズでレースをした。

WECでは、シトロエンのジュニアチーム、そして、彼自身のIce 1 Racingから出場し、2年連続で10位でシーズンを終えた。NASCARではネイションワイドとトラックシリーズに1戦限りの出場を果たした。

2011年にロータスでF1に復帰したキミ・ライコネンは、2018年にフェラーリと再契約してチャンピオンシップで3位になり、その後アルファロメオに移籍した。

昨年、ライコネンは、チームメイトのアントニオジョビナッツィと一緒に、ニュルブルクリンクのノルドシュライフェでアルファロメオ・ジュリアを運転した。

友人の親友であるトニ・ヴィッランドロとニュルブルクリンク24時間レースに参加する可能性はあるかと質問されたキミ・ライコネンは「そうだね、それは素晴らしいだろう!」と語った。

「しかし、言ったように、素晴らしいことはたくさんある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / WRC (世界ラリー選手権) / NASCAR / アルファロメオF1