スティーブ・ロバートソン (キミ・ライコネンのマネージャー)
キミ・ライコネンのマネージャーを務めるスティーブ・ロバートソンは、ライコネンがF1に復帰する決断をしてくれたことを嬉しく思っていると述べた。

キミ・ライコネンは、WRCとNASCARを離れ、2012年からロータス・ルノーGPと2年契約を結んだ。

「彼はいるべき場所に戻った」とスティーブ・ロバートソンはコメント。

「個人的な意見だが、2009年末に彼がF1を離れたとき、そうするにはまだ若過ぎたし、まだ良い状態だった」

「彼はまだスポーツに与えられる多くのものを持っていた。彼が我々に可能性を探るように頼んだときは絶えず我々をプッシュしていたよ」

スティーブ・ロバートソンは、交渉の大部分はウィリアムズと行っていたことを明らかにした。

「ウィリアムズと我々が交渉していたことは誰もが知っているようだね」

「何週間も続いたが、いくつかのことに同意できなかった。そのあとアブダビGPの直前にエリック・ブーリエと交渉を開始した」

「両者とも素早く契約を結ぶことを望んでいた」

実際、キミ・ライコネンは先週の月曜日に初めてエリック・ブーリエと話をしたことを明かしている。

「キミは復帰することを望んでいた。ほとんど空席がないなかで多くのドライバーが市場に出ていたので、素早く行動しなければならなかった」とスティーブ・ロバートソンは述べた。

スティーブ・ロバートソンは、キミ・ライコネンにとってDRSの適応は問題ではないと述べた。

「タイヤは疑問符だが、通常、キミは素早く物事に対応するのに数ラップしか必要としない」


関連:キミ・ライコネン、ロータス・ルノーGPでF1復帰!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: キミ・ライコネン | ルノー | ウィリアムズ