キミ・ライコネン
ロータス・ルノーGPは、2012年のドライバーとしてキミ・ライコネンと契約したことを発表した。契約は2年契約。

「2年ぶりにF1にカムバックできることになって嬉しい。このチャンスを与えてくれたロータス・ルノーGPには感謝している」とキミ・ライコネンはコメント。

「WRCでの時間はドライバーとしてのキャリアのひとつのステージとして貴重だった。でも、最近、F1に対する気持ちがどうしようもなく強くなっていた」

「ロータス・ルノーGPとの契約を決めるのは簡単だった。このチームの意欲的な取り組みには前々から感心していたからね。チームをグリッドの最前列まで押し上げる役に立てることを楽しみにしている」

ロータス・ルノーGPのオーナーであるジェニイ・キャピタルのジェラルド・ペレスは今年はずっと、これからチームの新しいサイクルが始まると言ってきた」とコメント。

「すぐにトップレベルの戦いができるように、舞台裏では、そのために必要な構造の基盤づくりに全力で取り組んできた」

「今回は、キミが我々と共にF1にカムバックすることを決めたという発表だったが、今後も、チームがさらに戦闘力を増すための発表をすることになるだろう」

「もちろん、チームの全員が世界チャンピオンと共に仕事をすることを楽しみにしている。我々のスタッフを代表し、F1に人間らしいアプローチをすることで有名なエンストンにキミを歓迎したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / ルノー / ロータス