F1 レーシング・ポイントF1チーム モナコGP
レーシングポイントは、2019年のF1モナコGPの木曜フリー走行で、セルジオ・ペレスが15番手、ランス・ストロールが18番手でセッションを終えた。

オトマー・サフナウアー(チームプリンシパル)
「モナコの木曜日は路面が汚れており、絶えず進化していくので常にトリッキーだ。ドライバーがクルマが自信を築き、快適に感じられるようにうまく適応せることがプライオリティだった」

「セルジオの方がランスよりも満足しているようだったが、我々はまだ両方のクルマでもっと良いセットアップを追及しているところであり、今後24時間でそこに焦点を当てていく。しばしば予選がレースリザルトを左右するレースなので、そこに集中する必要がある。我々には全ての数値を整理して、土曜日にむけて最適なソリューションを見つけだすために追加の一日の贅沢がある」

セルジオ・ペレス (15番手)
「今日は多くの周回数を走り込めたけど、まだモナコのリズムを掴めていないし、今日のパフォーマンスはそれが現れていると思う。Q3を争いたければ、良いステップを見つけだす必要があるし、僕たちの前には大きな夜が待ち受けている。明日の追加の一日をうまく活用する必要がある。クルマの感触はそれほど悪くはない。バランスは大丈夫だ。でも、僕たちはまだ劣勢に立たされている。いくつか微調整すれば確実に状況を良くできるはずだ。データを理解して良い決断を下すことがこのチームの本当の強みなので、土曜日の午後までに良いポジションにたどり着けると確信している」

ランス・ストロール (18番手)
「簡単な一日ではなかった。午前中は着実に物事を進めて、段階的にスピードを上げて行ったけど、クルマはまだ必要なところにはいない。スピードを失っているので、どこを改善できるかを理解するために今夜と明日は懸命に作業していく必要がある」

関連:2019年 F1モナコGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レーシングポイント | F1モナコGP