F1 ピエール・ガスリー ホンダF1 トロロッソ・ホンダ カナダグランプリ 2018年のF1世界選手権
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1カナダGPの決勝レースを11位で終えた。

トロロッソ・ホンダは決勝に向けて、ピエール・ガスリーのパワーユニット交換を実施。これは年間規定数を超えるパワーユニットの各構成要素の交換。そのため、グリッドダウンのペナルティーが適用され、ガスリーは19番グリッドからのスタートとなった。

新品のハイパーソフトタイヤでスタートしたピエール・ガスリーはオープニグラップの混乱を切り抜け、15番手に浮上。4周目にレースが再開されると前車をパスし、9周目には12番手にポジションを上げた。

その後、上位車のピットインなどで、19周目に7番手を走行していたピエール・ガスリーは、タイヤ交換を23周終了まで引き伸ばした。スーパソフトタイヤに替えて13番手でレースに戻ったガスリーは、入賞を目指して追い上げる。レースは終盤まで大きな順位の変動がない状態となったが、41周目に上位車がリタイアし12番手、49周目に上位車がピットインし、11番手とポジションアップ。入賞目前まで迫る。

レース終盤はフレッシュなタイヤを履いた後続から迫られたが、そのポジションを守りきってガスリーはスタートから8つポジションを上げ、11位でフィニッシュした。

「トータルで見れば僕にとってはいいレースになったと思う」とピエール・ガスリーはコメント。

「後方グリッドからのスタートだったけど、多くのポジションアップを果たすことができた。しかし、あと一歩のところでポイント獲得とならなかったのは悔しいく思っている。ルクレール(ザウバー)と何度かバトルを繰り広げたけど、フロントタイヤを痛めてしまったせいでオーバーテイクには至なかった」

「新しいパワーユニットの調子はよさそうだ。ストレートで何台かオーバーテイクできたので、今後のレースでは、さらに期待できそうだ。ホンダはこのカナダGPでアップグレードを投入するために懸命に開発を続けてくれていたし、レースでもよく機能していた!」

「改めて自分たちの戦力の分析を行い、安定した速さを身につける必要があると思う。次戦は僕の故郷フランスのポール・リカール・サーキットで行われるレースなので、とても楽しみにしている」

ホンダは、FP3でピエール・ガスリーのマシンに発生したパワーユニットトラブルの原因究明と対策、今回投入した新スペックのPUのデータ分析を進めている。

次回、ピエール・ガスリーのホームレースとなる第8戦フランスGPは、マルセイユ郊外のポール・リカール・サーキットで6月22日~24日に行われる。

関連:F1カナダGP 結果:セバスチャン・ベッテルがポール・トゥ・ウィンで圧勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | F1カナダGP