ピエール・ガスリーの2021年11月のF1情報を一覧表示します。

アルファタウリ・ホンダF1 「2022年の角田裕毅とガスリーの継続は正しい動き」

2021年11月29日
アルファタウリ・ホンダF1 「2022年の角田裕毅とガスリーの継続は正しい動き」
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは、大幅なレギュレーションが導入される2022年にピエール・ガスリーと角田裕毅を継続するという決断は正しい動きだと考えている。

2022年にF1マシンは根本的に変更され、アルファタウリ・ホンダF1は、現行ドライバーライナップを維持することで移行を支援するという決定をした。

アルファタウリ・ホンダF1首脳 「角田裕毅とガスリーの間に政治はない」

2021年11月29日
アルファタウリ・ホンダF1首脳 「角田裕毅とガスリーの間に政治はない」
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、チーム内のダイナミクスについて説明。ピエール・ガスリーと角田裕毅には“政治”は存在しないと述べた。

アルファタウリ・ホンダF1は、2021年にF2からステップアップした角田裕毅をピエール・ガスリーのパートナーに迎え、新しいラインナップでシーズンに入った。

セルジオ・ペレス 「ガスリーは再びトップチームでのチャンスに値する」

2021年11月28日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「ガスリーは再びトップチームでのチャンスに値する」
セルジオ・ペレスは、元レッドブル・レーシングのドライバーであるピエール・ガスリーにはもう一度トップチームでチャンスを得るのに“相応しい”ドライバーだと認める。

31歳のセルジオ・ペレスは、期待された成績を残せなかったアレクサンダー・アルボンに代わって、2021年にレッドブル・レーシング・ホンダと契約した。

ピエール・ガスリー、不満爆発 「レースペースの遅さは衝撃的だった」

2021年11月24日
ピエール・ガスリー、不満爆発 「レースペースの遅さは衝撃的だった」 アルファタウリ・ホンダ F1カタールGP 決勝
ピエール・ガスリーは、F1カタールGPでフロントローからポイント圏外に落ちることになったアルファタウリ・ホンダF1の“衝撃的”なペース不足にフラストレーションを露わにしている。

予選を4番手で終えていたピエール・ガスリーは、マックス・フェルスタッペンとバルテリ・ボッタスのペナルティにより、ルイス・ハミルトンの隣のフロントー2番グリッドに昇格した。

ピエール・ガスリー、困惑の11位 「今日の僕たちには速さがなかった」

2021年11月22日
ピエール・ガスリー、困惑の11位 「今日の僕たちには速さがなかった」 アルファタウリ・ホンダ F1カタールGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1カタールGPの決勝を11位で終えた。

上位2台にペナルティーが科されたことでフロントロー2番手からのスタートとなったピエール・ガスリーは、ターン1では2番手を守るが、その直後のコーナーでフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)に交わされて、3番手にポジションダウン。3周目にはマックス・フェルスタッペンにポジションを譲る。

ピエール・ガスリー、自らが招いた黄旗によって2番グリッドに昇格

2021年11月21日
ピエール・ガスリー、自らが招いた黄旗によって2番グリッドに昇格 / F1カタールGP
アルファタウリ・ホンダF1のピエールガスリーは、F1カタールGPの予選Q3で縁石が彼のマシンに与えたダメージは「衝撃的」だったと語る。また、彼のマシン損傷によるイエローフラッグが原因で前の二人にペナルティが科され、ガスリーは2番グリッドからレースをスタートすることになった。

ピエール・ガスリーは、ターン15の縁石を乗り越えた際にフロントウイングが外れ、右フロントタイヤに穴をあけ、フロントを損傷した。

ピエール・ガスリー、最後はマシン破損も4番手「最高の内容になった」

2021年11月21日
ピエール・ガスリー、最後はマシン破損も4番手「最高の内容になった」 アルファタウリ・ホンダ F1カタールGP 予選
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1カタールGPの予選を4番手で終えた。

予選Q3でピエール・ガスリーはターン15の出口で膨らんで外側の縁石に乗った際にフロントウイングを破損。マシンの下に潜り込んだウイングが右フロントタイヤを傷つけてパンクを喫し、メインストレートに入ったところでストップする。

ピエール・ガスリー 「今季ここまでで最高とも言える初日」

2021年11月20日
ピエール・ガスリー 「今季ここまでで最高とも言える初日」 アルファタウリ・ホンダ F1カタールGP 金曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1カタールGPの金曜フリー走行を2番手で終えた。

フリー走行1回目にマックス・フェルスタッペンから約0.4秒差の2番手につけたピエール・ガスリーは、FP2でもトップからバルテリ・ボッタス(メルセデス)から約0.2秒差の2番手と好調な滑り出しをみせた。

アルファタウリF1代表、ガスリーを称賛「常にパフォーマンスを向上」

2021年11月19日
アルファタウリF1代表、ガスリーを称賛「常にパフォーマンスを向上」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、ピエール・ガスリーがチームとの18か月間で“常にパフォーマンスを向上させている”と称賛する。

レッドブル・レーシングとのスティントに失敗した後、ピエル・ガスリーは2019年の夏休みの後、姉妹チームのアルファタウリ(当時トロロッソ)に降格。それ以来、ファエンツァチームのリードドライバーであり続けている。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム