アルファタウリ・ホンダF1首脳 「角田裕毅とガスリーの間に政治はない」
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、チーム内のダイナミクスについて説明。ピエール・ガスリーと角田裕毅には“政治”は存在しないと述べた。

アルファタウリ・ホンダF1は、2021年にF2からステップアップした角田裕毅をピエール・ガスリーのパートナーに迎え、新しいラインナップでシーズンに入った。

F1チーム内では、政治ゲームが行われることは珍しくないが、ジョディ・エギントンは、アルファタウリ・ホンダF1にそのようなものはなく、角田裕毅とピエール・ガスリーのスムーズな関係はポジティブな雰囲気をもたらしていると語る。

「他のチームに密室で何が起こっているのか分からないが、我々は政治から解放されている。そして、我々はガレージの両側にリソースを分配している」とジョディ・エギントンはMotorsport-Total.comに語った。

「そして、ガレージの両側でのチームの内部相乗効果は強力だ」

ジョディ・エギントンは、ピエール・ガスリーがその強力なチームワークにおいて重要な役割を果たし、ガレージの彼の側からの知識が確実に伝達されるようにすることで角田裕毅をサポートしていると説明した。
だが、それは双方向の道であり、角田裕毅もその点で彼の役割を果たしている。

「我々はチームとして働いている。ガレージに隔たりはない」とジョディ・エギントンは語った。

「我々はそれに本当に一生懸命取り組んでた。そして、ガスリーは常にその大きな部分を占めてきた。それは裕毅にも当てはまる」

「したがって、知識が確実に伝わるように一生懸命に努力しなければならないというわけではない。それは有機的なものだ。決まり文句のように聞こえるかもしれないが、実際にそうだ。チーム内にそういったものはない。それは素晴らしいことだ」

今シーズン、アルファタウリ・ホンダF1で傑出したパフォーマンスを発揮しているのはピエール・ガスリーだ。これまでガスリーは92ポイントを獲得し、残り2戦でコンストラクターズ選手権5位をアルピーヌと争うことができている。

ピエール・ガスリーは、2019年にトロロッソとして知られていたチームでキャリアをスタートさせた後、レッドブル・レーシングの降格後のその年の夏休みにチームに戻ってきた。

それ以来、ピエール・ガスリーは、彼のキャリアをスタイリッシュに再構築した。ジョディ・エギントンはドライバーとチームの間に大きなレベルの相互信頼が築かれていると語った。

「彼はマシンを知っていて、チームを知っていて、自分自身をプッシュしている」とジョディ・エギントンはピエール・ガスリーについて語った。

「相互信頼はたくさんある。結局のところ、我々はしばらくの間この旅を続けてきた。彼は我々と一緒にいて、去り、戻ってきて、成長している。だが、彼のアプローチは常に正直で率直だ」

「彼は本当に良いポジションにいるし、現時点では非常にうまく運転している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ピエール・ガスリー / 角田裕毅