セルジオ・ペレス 「F1マイアミGPはアメリカのファン層拡大のために重要」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、2022年にF1カレンダーに追加されるF1マイアミGPは、アメリカのファン層を拡大するためにも重要なグランプリだと考えている。

先週、F1は、マイアミ・ガーデンズのマイアミ・ドルフィンズNFLスタジアムを囲む専用サーキットで2022年にF1マイアミGPを初開催することを発表した。サーキット・オブ・ジ・アメリカズでのF1アメリカGPに加えて、米国で2つ目のグランプリになる。

F1のCEOを務めるステファノド・メニカリは、F1マイアミGPはシーズンの第2四半期に開催されると語った。論理的には、その時期の唯一のフライアウェイとなるF1カナダGPとペアで開催されると考えられている。

メキシコ出身のセルジオ・ペレスは、F1マイアミGPの追加に興奮していると語る。

「マイアミはF1にとって素晴らしい場所だと思う」とセルジオ・ペレスは語った。

「とても楽しい街で、たくさんのパーティーが開かれている。あの場所にはたくさんのエネルギーがある」

「彼らが考え出したものを見ると、非常に面白いサーキットになるだろう」とセルジオ・ペレスは19のコーナーを備えるレイアウトについて付け加えた。

「僕はいつもシティサーキットを楽しんでいる。楽しいチャレンジだ。彼らが良いトラックを作り、レースをとてもエキサイティングにしてくれることを本当に期待している」

レース自体を楽しみにしていることに加え、セルジオ・ペレスは北米でのF1の存在感を高めるという観点からもF1マイアミGPの重要性を理解している。

「F1がアメリカでファン層を拡大することは非常に重要だと思うし、僕たちにとって素晴らしい場所だ」とセルジオ・ペレスは語る。

「スポーツとして、マイアミとのつながりは素晴らしいものになるだろう。マイアミに行ったことがあるけど、マイアミは素晴らしい場所だし、とても楽しい素晴らしい街で、素敵な人々がいる」

セルジオ・ペレスのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンも、新しいイベントの重要性と地元の観客を魅了するための楽しいレースの必要性を理解していると語る。

「マイアミは僕たちにとって新しいけど、ファンを興奮させる必要があると思う。でも、僕にとって、アメリカは常にどんなこと可能だという感覚を与える」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「なぜ彼らがアメリカで2つ目のレースに開催するのかははっきりと理解できる。今はアメリカ人のオーナーもいるし、大きなショックではない」

「いつもアメリカにいることを嬉しく思っている。もちろん、オースティン(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)とは別の場所にあるし、完璧だと思う」

F1は2019年11月に最後にアメリカを訪れたが、昨年は新型コロナウイルスのパンデミックを取り巻く制限によって中止となった。今年はサーキット・オブ・ジ・アメリカズでのF1アメリカGPは10月24日に開催される予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1マイアミGP