Juju、デンマークF4デビュー大会は優勝&失格&3位表彰台! / F1関連
Jujuこと野田樹潤(14歳)が、デンマークF4のデビュー大会を優勝・失格・3位表彰台という成績で鮮烈デビューを飾った。

「F4 Danish Championship」は、世界で開催されているF4レースでも14歳のドライバーが参戦できる数少ないレース。参戦するチームはこれまでの日本国内と同じ「NODA Rasing」、デンマークの首都コペンハーゲンの南西に位置する同国第二の都市オーフスを拠点とする。

車両は「Maygale」製のシャシーに、「ルノー製」2リッターエンジンを搭載。ピレリ製タイヤによるワンメークとなっている。チーム体制は、監督に父親で元F1ドライバーの野田英樹、メカニックはU17や全日本F3でともに戦ったメンバーとなる。

当初予定されていた5月と6月上旬の2大会が新型コロナウイルス(COVID19)感染拡大の影響で中止となり、6月20日(土)- 21日(日)の大会が事実上の開幕戦となった。

今季のF4 Danish Championshipは、初戦となる6月20日-21日の大会以降は、8月開催が10月に日程変更され、合わせて5大会が開催されることになった。各大会とも3戦を実施。合計15戦の成績でチャンピオンシップが争われる。

Jujuのデビュー戦の舞台となるユトラントドリンクは、新コースと旧コースの複合レイアウトとなる1周 2.3km。デンマークで、最もテクニカルでフィジカル的にもハードなサーキットと言われている。レース は、15 分プラス1周で行われる。このユトランドリンクでの大会は、規則によりこのコースでの事前の練習走行が禁じられているため、Juju にとってもメカニックにとっても初めての挑戦となった。

そのような状況のなか、6月20日(土)に行われた予選でJujuはポールポジションを獲得。第1戦は序盤からリードを広げて2番手に2.6秒差をつける展開。その後、小さなミスを犯して差は半分となったが、その後はミスを犯さず、一度もリードを譲ることがなく、1.6秒のリードを築いてデビュー戦をポール・トゥ・ウィン。さらにファステストラップというおまけもついて、デンマークF4で見事なデビューを飾った。

「昨日はデンマークF4 第1戦をポールトゥウィンで決めたましたが、兎に角スタートからゴールまで気を抜かないようにプッシュをし続けて優勝しました。しかも週末を通して唯一の6秒台のファステストラップも記録して。やったー!って気持ちです。ヨーロッパ初のレースでこんな結果が出せるなんてもう最高です!」とJujuは自身のFacebookページで振り返った。

リバースグリッドでのスタートとなる第2戦は8番グリッドからレースをスタート。このレースでも追い上げをみせて8位でチェッカーを受けたが、装着したタイヤにミスがあり、失格となった。

「第2戦は、第1戦の結果の上位7割がリバースグリッドとなり8番手からのスタート、途中後続車のアクシデントでセーフティーカーが導入されてしまったので、レース周回数が短くなってしまいましたが3位まで全て抜いて上がりました」

「第2戦は4位までに入れば第3戦でポールポジションになる事がわかっていたのでタイヤをいたわり、最後は無理をせずにゴール。ところが残念な事に違ったタイヤはひとつついてしまっていて失格になってしまいました。父は足を引っ張ってごめんと言ってましたが、こんな事はある事です。勿論悔しかったですけど」

第3戦は前戦の失格により12番手からスタート。2度のセーフティカーが入る展開でもオーバーテイクを重ね3位でフィニッシュ。表彰台を獲得した。

「第3戦は、本来であればポールポジションスタートの予定でしたが、第2戦の失格を受けて12番手スタートでした」

「とにかくプッシュにプッシュを重ねて順位をあげようとしましたが、後続車の度重なるアクシデントで短いレース中に2度もセーフティーカーが入り実際にグリーンフラッグでレースができたのは8分程度しかありませんでした。その短い時間で全て自力で抜いて12位から3位まで上がりました。セーフティーカーが導入されなければ勝てたのにと悔しくて」

「でもレースはとてもエンジョイできましたし、何よりも昨日のデビューポールトゥウィンの達成と日本ではできなかったバトルを展開して沢山の車両を抜く事ができたのがとても楽しく、自信につながりました」

「今は清々しい気持ち。一杯力を出し切れました」

Juju Noda

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1関連