パンテーラ チーム アジアF1
パンテーラ チーム アジアF1(Panthera Team Asia F1)というチームが2021年にF1参戦を検討していると Race Fans が報じている。

チーム名に“アジア”が入っている理由は明らかにされていないが、ヒョウ属を意味するパンテータという名称から、フォーミュラEに参戦する中国のテチーターと何らかの関係があるかもしれない。2017年には中国のコンソーシアムが、新F1チーム設立に関連したプロジェクトに取り組んでいると報じられていた。

報道によると、パンテーラ チーム アジアF1は、ノーサンプトンシャー州のシルバーストーンサーキット近くに一時的な本部を置いて活動しており、かつてFIA 世界耐久選手権のSMPレーシングとBRエンジニアリングでマネージングディレクターを務めていたベンジャミン・デュランドがチームの共同オーナーに名を連ねているという。

パンテーラは、テクニカルディレクターやスポーティングディレクターを含むいくつか上級職が決定しており、空力責任者には、ルノー、ホンダ、スーパーアグリ、トヨタ、ケータハム、マノーでF1経験のあるティム・ミルンが務めるという。彼が最後に取り組んだF1マシンは、2017年末の撤退によって幻のマシンとなったマノー MRT06だった。

パンテーラは、主要なコンポーネントサプライヤーと予備的な取引したと考えられている。RaceFans は、サードパーティのサプライヤーからできるだけ多くのパーツを入手する“ハースモデル”を採用するち考えられている。ただし、2021年の新しいレギュレーションでは、論争の多いこの分野が再定義されるとされ、どの程度可能になるかはまだ不明となっている。

パンテーラ チーム アジアF1は、まだFIAに正式にエントリーを提出していない。FIAは2021年の新チームを受け付けておらず、10月に2021年のレギュレーションが公開されて以降に入札を開始するとされている。

関連:中国のコンソーシアム、新F1チーム設立の動き

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1関連