FIA
FIA会長のマックス・モズレーは、FIAが間もなく2010年の最後の13番目のF1チームを発表する予定であることを明らかにした。

残りの1枠を争っているのは、エプイロン・ユースカディ、ロータス、そしてBMWザウバーだという。

「昨晩、最終的なオファーを受けた、数日中に評価し、その中から1チームを選定する」

また、今週2010年型マシンをテスト可能な風洞のスケールモデルを発表したローラは、来年の新規参入組に選ばれることはなさそうだ。

ローラの幹部を務めるロビン・ブランドルは「我々はF1参入を2011年まで延期することにした」と“racecar-engineering.com”にコメント。

だが「プランを諦めたわけではなく、単に1年先送りにするだけだ」とも語っている。

関連:
BMWザウバーの買収候補にカイザー・リッター社が浮上
インド企業がBMWザウバー買収に興味
ペーター・ザウバーがマレーシア入り
マレーシア政府、ロータスと2010年F1参戦を目指す
エプシロン・ユースカディ、BMWのグリッドを狙う

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連 | ケータハム | FIA | エプシロン・ユースカディ