ハースF1のミック・シューマッハ、2022年に向けてヘルメットをイメチェン
ハースF1チームのミック・シューマッハは、2022年のF1世界選手権に向けてヘルメットを印象的なマルチカラーのデザインに変更した。

2021年にF1デビューを果たしたミック・シューマッハだが、ハースF1チームが2022年を優先してマシンの開発をしない決断をしたことで、グリッドの最後尾をチームメイトと争うことがほとんどだった。

ハースF1チームは、新しいレギュレーション導入によって、再びミッドフィールドでの戦いに戻れることを期待しており、2021年にポイントを獲得できなかったミック・シューマッハも2022年をはるかに優れたシーズンにするために努力を重ねている。

2022年シーズンにミッドフィールドのバトルを展開できば、ミック・シューマッハはより多くのテレビ露出が期待できるかもしれない。そして、それが実現されれば、コックピットで彼を間違えることはないと言っても過言ではない。

2022年向けて、ミック・シューマッハはヘルメットの色合いをイエローからライムグリーンの色合いに変形させ、蓋の背面にブラックとライトブルーのパターンを言え、上部はより暗いグリーンに変更した。

これは基本的に、ハース VF-22の赤、白、青のカラーリングにほとんど一致しない。

ただし、ハースF1チームは、ロシアのウクライナ侵攻によって、タイトルスポンサーのウラルカリを失ってマシンカラーが変更される可能性があり、ミック・シューマッハもチームメイトがニキータ・マゼピンではなくなる可能性がある。

ミック・シューマッハ 2022年 ヘルメット / ハースF1チームミック・シューマッハ 2022年 ヘルメット / ハースF1チームミック・シューマッハ 2022年 ヘルメット / ハースF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ヘルメット / ハース