メルセデスF1代表 「ライバルのフレキシブルフロアの使用範囲は衝撃的」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルグは、ライバルのF1チームがポーパシング(ポーポイズ現象)を制御するためにフレキシフロアを利用していた可能性があることを発見したのは「ショッキング」だったと語った。

F1ドライバーが不満を抱いている過度のポーパシングのために計画された安全制限についてのFIA(国際自動車連盟)とF1チーム間の議論の一部として、車のフロアとプランクの剛性が焦点の1つとなった。

カナダグランプリの翌週に開催された技術諮問委員会(TAC)の会議で、フロアとプランクの屈曲を制限するルールの境界を押し広げている疑いが出たという。

現在のレギュレーションでは、最大のたわみとして、フロアが2つの中央のプランクの穴で2mm、最後の穴で2mm以下を規定している。

しかし、一部のF1チームは、フロアを合計6mmも巧みに曲げることができたとの主張があった。これにより、地面の悪影響を受けるリスクなしに、より高いレーキで地面にはるかに近づけて、パフォーマンスを向上させることができる。ストライキ。

情報筋は、多くのF1チームがライバルチームが何をしていたかに驚いていたことを示唆している。そして、トト・ヴォルフは状況について彼がどれほど驚いたかを告白している。

「FIAが最後の技術諮問委員会でそれを提起するまで、誰も考えでもいなかった。それはすべてのF1チームにとって大きな驚きだった」とトト・ヴォルフは説明した。

「レギュレーションの内容と意図は非常に明確だ。つまり、レギュレーションの内容よりも偏向する可能性がある理由は議論の余地はない。控えめに言っても、少し驚きだ。ショッキングだ」

フレキシフロアアンティックに関する暴露に応えて、FIAは、ポーパシングの影響を減らすための対策の一環として、ルール変更の計画をF1チームに通知することで対応した。

F1イギリスグランプリでは、FIAのシングルシーターテクニカルディレクターであるニコラス・トンバジスが発行したフランスで施行される技術指令案で、FIAはフロア剛性に関するレギュレーションの強化を発表した。

それにより、おそらく以前はそうではなかった「すべての車の間の公平で公正なな関連性」があることを保証するための動きをであることが明らかになった。

ニコラス・トンバジスは、FIAがフロアの「過度の変形」をしているF1チームが行われていると信じていることを明らかにした。

2mmの許容誤差が厳密に適用され、フロアの穴の周囲の剛性は、周囲から半径方向の距離が15mmの場合、どちらの場合も10%を超えないように均一にする必要がある。

FIAは「競合他社は、CADと物理的な設置の両方の詳細な検査、および有限要素解析によって、これらの規定への準拠を実証する必要がある」と述べた。

多くのF1チームがFIAの動きを歓迎しており、一部のF1チームは自分たちのしていることがやり過ぎていると感じたため、統治体が行動したに違いないと示唆している。

マクラーレンのF1チーム代表であるアンドレアス・ザイドルは「ニコラスが何を見たいのか、何を期待しているのかを明確にしたのには理由があるに違いない」とコメント。

「我々の観点からは、TDにあるこの明確化に満足している。なぜなら、最終的には、我々全員が平等な競争の場にいることを助けてくれるはずだからだ」

どのF1チームがフレキシブルフロアを使用しているかは不明だが、メルセデスのトラックサイドエンジニアリングディレクターであるアンドリュー・ショブリンは、この変更がチームを前線に近づけるのに役立つと考えている。

「それが明るみに出たとき、我々はおそらく私たちが取ったり利用したりしていない機会があることに気づいた」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「したがって、我々の車の走り方には影響しない。ライバルに影響するかもしれない。そのおかげで、我々は少し近づくことができるかもしれない」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1マシン