メルセデスF1、新型リアウイングをオーストラリアGPで投入
メルセデスF1はW13のパフォーマンスを解放するための探求が続いて中、オーストラリアGPに新しいリアウイングを投入すると報じられている。

現役チャンピオンチームのメルセデスF1にとって、2022年シーズンの開幕2ランドはポジティブではなかった。純粋なペースでフェラーリとレッドブルに提供することはできなかった。

メルセデスF1は、スムーズな路面のサウジアラビアはポーパシングの問題を軽減できると期待していたが、実際にはその影響はみられず、実際にはより大きな懸念事項だった。

メルセデスF1のエンジニアは「ジェッダは路面がフラットであるため、バウンシングが少ないと想定していた」とAuto Motor und Sportに語った。

「我々はそれについて間違っていた。どのような要因がこの現象を引き起こすのかまだ完全には理解していない。それは絶え間ない学習プロセスだ」

ルイス・ハミルトンは予選Q1敗退という衝撃的な結果に苦しんだ一方で、チームメイトのジョージ・ラッセルは、エステバン・オコン(アルピーヌ)の後ろの6番手で予選を終えた。

「セットアップの違いは最小限だった」とメルセデスF1のエンジンは説明。ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルの大きなギャップは、メルセデスW13の狭いウィンドウを浮き彫りにした。

しかし、ポーパシングと並んで、メルセデスF1のもう1つの大きな懸念は高速性能だ。

Auto Motor und Sportの報告によると、メルセデスはストレートでレッドブルから最大で時速11km遅く、ターン5から9と15では、フェラーリよりも時速15~20km遅かった。

しかし、メルセデスF1はパワーユニットを明確な弱点として特定しておらず、「ラップタイムで最大0.2秒」と見なしている。代わりに、高速での遅れはドラッグが大きいことに起因すると感がている。

Auto Motor und Sportは、メルセデスF1は、問題を修正するために第3戦オーストラリアGPでアップグレード版のリアウイングを投入すると報道。

ジェッダで最初のリアウイングを走らせたメルセデスF1は、W13の“ゼロポッド”デザインとともに、そこまで大きなドラッグを生み出すマシンだとは考えられていなかった。

「車の表面とリアウイングのフラップは見ないでほしい。それは誤解を招く恐れがある」とメルセデスF1のエンジニアは答えた。

「ドラッグは主にリアウィングスキンブレードとリアアンダーウィングによって発生する。そこが我々が改良を加えている場所だ」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チームの開発作業が今後のレースでの改善の観点からチームをどこに導くことができるかを予測できないとし、夏にどの位置にいるかを予測することで「罠」に陥ることはないと述べた。

「次のレースまでに埋められないギャップがある」とトト・ヴォルフは語った。

「我々は前進して後ろを保護しなければならず、夏にどこにいるかについて今日予測するという罠に陥らないようにする必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1オーストラリアGP