メルセデスF1、マイケル・マシとニコラス・トンバジスの退任を要求?
メルセデスF1が上訴を取り下げたのは、F1レースディレクターのマイケル・マシとFIAシングルシーター部門の責任者であるニコラス・トンバジスの退任が同意されたからだとBBCが報じている。

前人未踏の8回目のF1ワールドチャンピオンがかかっていたルイス・ハミルトンだが、F1アブダビGPの物議を醸したファイナルラップの展開によってマックス・フェルスタッペンに敗れた。

メルセデスF1は、F1レースディレクターのマイケル・マシが処理したセーフティカーのプロセスに抗議した。しかし、スチュワードを抗議を拒否。チームは上訴の可能性を示唆したが、上訴の最終期限である木曜日に抗議を取り下げた。

BBCは、メルセデスF1が「FIAとの見返り契約に合意した後、レースの結果に対する上訴を取り下げた」との“上級情報筋”のコメントを初回。

「この契約は、マシとFIAのシングルシーター技術部門の責任者であるニコラス・トンバジスが2022年シーズンに彼らのポジションからいなくなると言われた」と付け加えた。

だが、メルセデスF1は「そのような取引が成立した」ことを否定しており、、問題が真剣に受け止められ、FIAによって完全に調査されるという保証を受けた後、上訴を取り下げたという当初の立場に固執した。

これまでのところ、スリル満点のシーズンへの不十分な結論についてのFIAからの唯一の回答は、メルセデスが上訴を継続しないことを発表する前夜に発表された「すべての関係者との将来のための詳細な分析と明確化の演習がこれから行われる」という声明だけだ。

ほぼ1か月後、これ以上何も追加されていない。だが、マイケル・マシとニコラス・トンバジスの立場についてはそうではない。

当然のことながら、F1アブダビGP以来、最も低い評価を維持しているマイケル・マシとは異なり、ニコラス・トンバジスは2022年シズンの技術的規制の変更の潜在的な影響について議論していると言われている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス