「アルボンがウィリアムズに乗るにはレッドブルとの契約解除が必要」とメルセデスF1代表
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2022年にアレクサンダー・アルボンをウィリアムズでF1復帰させるには、レッドブルはアルボンを契約からリリースしなければならないと語る。

元レッドブルF1のドライバーだるアレクサンダー・アルボンは、ジョージ・ラッセルがメルセデスF1に移籍することで生まれるウィリアムズの空席にリンクされている。アルボンは現在もレッドブルの開発ドライバーとしてファミリーに残っている。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスがアレクサンダー・アルボンのウィリアムズ加入を阻止しようとしていると主張したが、後にトト・ヴォルグはそれを否定している。

だが、トト・ヴォルフは「1つはパワーユニットについてだ。昨日言ったように、アルボンはF1のシートに値するドライバーだと思う。だが、メルセデスのパワーユニットに100%レッドブルのドライバーを乗せることは難しい」は語った。

「だから、彼らが彼をレッドブル契約からリリースするのであれば、彼と一緒に仕事をすることを嬉しく思う。その一方で、もちろん、我々はニック・デ・フリースをサポートしており、彼はシートを確保するためにウィリアムズと話し合っている。したがって、空中にはかなりの数のボールがある」

また、クリスチャン・ホーナーは、メルセデスの担当者がアレクサンダー・アルボンに直接電話をかけて、ウィリアムズでF1グリッドに復帰するという彼の「選択」を諦めさせようとしたことを示唆した。

そのクリスチャン・ホーナーの発言について質問されたトト・ヴォルフは「アレックスは、メルセデスジュニアプログラムを運営しているグウェン・ラグルと定期的に連絡を取り、来年の戦略の責任者であるジェームス・ボウルズと話し合っていた」とコメント。

「物事は常に・・・ある意味で微調整されている。彼は何かをするしないかを言われたわけではない、アレックスとグループの間で友好的な方法でアレックスとニックのための機会を探求していただけだ」

また、トト・ヴォルフは、メルセデスのジュニアドライバーであるニック・デ・フリースがフェラーリを搭載したアルファロメオをドライブする際に、契約上の障害が発生しないことを確認した。

「ニック自身はフリーエージェントだ」とトト・ヴォルフは説明した。

「彼はフォーミュラEのメルセデスワークスドライバーだが、私はニックがF1でドライブするのを邪魔することは決してない」

「我々は彼と管理契約を結んではおらず、彼を連れ戻すオプションもない。したがって、ニックは何でも運転することができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ウィリアムズ / レッドブル / アレクサンダー・アルボン