メルセデスF1首脳 「タイトルのリードを奪い返して夏休みに入りたい」 / F1ハンガリーGP
メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、F1イギリスGPで改善を果たしたフォームが今週末のF1ハンガリーGPで自動的に引き継がれると考えるのは“甘い考え”だと気を引く占めつつ、チャンピオンシップをリードして夏休みを迎えたいと語る。

F1イギリスGPでW12に大幅なアップグレードを導入してパフォーマンスを好転させたメルセデスF1は、金曜日の予選でルイス・ハミルトンが最速タイムを記録。

決勝ではマックス・フェルスタッペンとの物議を醸す接触があったものの、ルイス・ハミルトンが2か月以上ぶりの勝利を収め、連勝がストップしたレッドブル・ホンダの3ポイントに対して43ポイントを奪い取った。

「シルバーストーンは我々の最高のトラックの1つなので、ハンガリーでこのパフォーマンスを続けることができると考えるのは甘い考えだろう」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「レッドブルはハイダウンフォースサーキットで優れているだろう。率直に言って、彼らは現時点ですべてのサーキットで優れており、イギリスGPでの経験の後で少し傷ついたことで、彼らは本当に力強く戻ってくるだろうと確信している」

「しかし、我々はチャンピオンシップのほぼ半分を過ぎており、ポイントに関しては非常に小さなマージンとなっている。我々にとっては、これからすべてを投げ打って、それを乗り越えようとしている。」

アンドリュー・ショブリンが述べたように、メルセデスF1はコンストラクターズタイトル争いでレッドブル・ホンダに対して4ポイントまで迫っており、ルイス・ハミルトンはドライバーズ選手権でマックス・フェルスタッペンからわずか8ポイントまで差を縮めた。

そして、アンドリュー・ショブリンは、メルセデスの目標は8月の夏休みにタイトルをリードして入ることだと語る。

「夏休み前に前に進めることができれば、それは素晴らしいことだ。それが我々が自分たちに課している目標だ」

「これは目標だが、シルバーストーンですべてが可能であることを示しました。継続し、努力し、改善し、努力し、改善する必要がある。彼らは倒すのが難しいチームだが、我々は強力なチームだ。我々はすべてをチームに投入して、勝つために努力していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1ハンガリーGP