メルセデスF1、ジョージ・ラッセルとの契約をF1イギリスGPで発表?
メルセデスF1が、2022年以降のジョージ・ラッセルとの契約を今週末のF1イギリスGPで発表するとの推測がますます高まっている。

英国のコメンテーター、マーティン・ブランドルとデイヴィッド・クロフト、そして、1996年のF1ワールドチャンピオンであるデイモン・ヒルは、今週末の英国GPでニュースが公式になることを期待していることを認める。

「そうなれば、バルテリ(ボッタス)にとってはゲームオーバーだ」とレーシングドライバーでフィンランドの専門家トニ・バイランダーは放送局のMTVに語った。

「すでに彼の心の中にそれはあったと言うことができる」

「メルセデスにとって最も重要なことは、ハミルトンがチームの一員であり続けることを確認することだった。これで、主要な柱が整った」

「ラッセルが別のウィリアムズとの契約にサインすることを満足するとは思えない。そして、ハミルトンの2年契約は彼の最後であると言うことができる、その場合、次のチャンピオンは彼の隣で育てられる」

「残念ながら、これらはすべてバルテリがほとんど影響を及ぼさないものだ」

ジョージ・ラッセルのウィリアムズ退団が決定した場合、ニコ・ヒュルケンベルグまたはダニール・クビアト(どちらも今年のF1リザーブドライバー)がウィリアムズF1のドライバー候補のポールポジションにいるとも言われている。

バルテリ・ボッタス(31歳)は、ウィリアムズへの復帰、そして、アルファロメオへの移籍が噂されている。

ジョージ・ラッセルは「メルセデスとは常に連絡を取り合っている。彼らはいつも僕の面倒を見てくれている」と語る。

「何が起こっても、来年はメルセデスエンジンを後ろに搭載することになる。僕はメルセデスのドライバーだ。僕は彼らに忠実だ」

「僕はいつも『良い仕事をすれば報われるだろう』と自分に言い聞かせてきた。それくらい簡単なことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1イギリスGP / ジョージ・ラッセル