メルセデスF1 「レッドブル・ホンダより速いマシンで負けた」 / F1フランスGP 決勝
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1フランスGPではレッドブル・ホンダよりも速いレースパッケージを持っていたと考えているが、アンダーカットを過小評価していたと語る。

マックス・フェルスタッペンがターン1でワイドになったとき、ルイス・ハミルトンがオープニングラップでリードを奪ったが、レッドブルのドライバーは最初のピットストップで前に戻った。

その後、マックス・フェルスタッペンは2ストップ戦略を選択し、メルセデスF1にルイス・ハミルトンに再びピットストップするのを除外するよう促し、残り2周でで再びリードを奪い返した。

「マシンのパフォーマンスは良かった。おそらく我々の方が速いマシンだったと思う」とトト・ヴォルフは語った。

「我々はピットストップでレースに負けた。アンダーカットに対して十分なプロテクションがあると思っていたが、そうではなかった」

「アンダーカットから保護するために3秒のしっかりとしたギャップがあったが、見た目ほど十分ではなかった。そこからは実際には後手に回ってしまった」

「上位3台のマシン戦いは激しく、基本的には1ストップを続行することか2ストップにするかを選択しなければならなかったと思う」

「(セルジオ)ペレスが邪魔をしていたので、2つのストップは我々にとって危険だった。そして、我々は今日それを間違えた」

メルセデスF1は、バルテリ・ボッタスで最初のピットストップをトリガーした。3番目で戻ったボッタスは、アンダーカットを避けるためにマックス・フェルスタッペンが次の周でピットインすることを促した。

メルセデスF1は、バルテリ・ボッタスがロックアップし、ターン4でワイドに走った後、ピットインを早めることになったと説明した。

メルセデスのエンジニアリングチーフであるアンドリュー・ショヴリンは「我々は勝利し、2台のマシンが表彰台に上がる良い機会があったと思うので、結果はもちろん期待外れだった」と語る。

「ルイスは最初のスティントでレースをコントロールしていた。どちらかといえば、デグラデーションに関しては少し良く見えていた」

「我々は、増大するバイブレーションに苦しんでいるバルテリに足して自分たちでストップをトリガーした。それは明らかに私たちが入りたいと思っていたよりも早いものだったが、それは我々に選択肢がないレベルに達していた」

「当然、マックスはバルテリから保護するために次のラップを入ったが、ルイスは3秒強のマージンを持っていたので、アンダーカットから十分に保護できると思っていた。だが、そうではなかった」

「ピットストップは良かったし、ハードタイヤは明らかに速かったが、なぜ我々がポジションを失ったのかを理解するために詳しく調べる必要があることがたくさんある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1 / F1フランスGP