メルセデスF1 「2022年の新レギュレーションは新たなモチベーション」
メルセデスF1は、2022年に導入される全く新しいF1レギュレーションにむけて、2014年からの“パワーユニット”時代の完全な支配を守っているモチベーションを高めている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、メルセデスのように成功を収めたチームにとって、高いモチベーションを維持するのは常に難しいことだと認める。

「他のスポーツでもそれを見ることができる」とトト・ヴォルフは Frankfurter Allgemeine Zeitung に語った。

「新しい目標が何であるかを自問し続ける必要がある」

「我々にとって答えは簡単だ。レギュレーションが変わることだ。それらは我々にとってその分野で非常に役に立つ」

「我々はこれらの変化によって止められないことを証明したいと思っている」

実際、F1は2021年の空力ルールに重要な変更を加え、メルセデスが率いる“ローレーキ”チームが最も影響を受けた。

「F1の権利所有者が常にチャンピオンシップを可能な限り競争力のあるものにする方法を模索していることは理解している」とトト・ヴォルフは語る。

「1つのチームまたは1人のドライバーが何年にもわたって支配しているのはスポーツにとって良いことではない。しかし、2017年と2019年に我々はタイトルを獲得し続けた」

「今年は、序列を変更することを目的とした別の変更があった。特に他のチームとの兼ね合いで、我々は多くのパフォーマンスを犠牲にした」とし、トト・ヴォルフは、2021年の変更によってメルセデスは「1周あたり約5秒かそれ以上」が犠牲になったと認める。

「それは事実です」と主張するトト・ヴォルフは、マックス・フェルスタッペンとの接戦が新たな関心を生んでいると語る。

「一番いいのは最終戦で1点差で世界選手権が決まることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス