メルセデスF1、レッドブルへのエンジン技術者流出は「やむを得ない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レッドブルの新しいF1エンジンプロジェクトにある程度の人材が流出することは“やむを得ない”ことだと考えており、スタッフを維持するために賃金を引き上げるようなことはしないと語る。

レッドブルは、ホンダからF1パワーユニットを引き継いで独自のF1プログラムを立ち上げており、ミルトンキーンズに最先端施設『レッドブル・パワートレインズ』を建設し、莫大なリソースを投入している。

最近、レッドブルは、メルセデスのF1エンジン部門で長年エンジニアリング責任者を務めてきたベン・ホジキンソンと新たなテクニカルディレクターとして契約を結んだことを発表している。

しかし、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チーム間のこれらのスタッフの交代はすべて、F1の“競争の一部”であると語る。

「このようなことが起こることは予想されていたと思う」とトト・ヴォルフは語った。

「戦場のようなものだ。それを認める必要がある。ここ数週間は確かに非常に多くの綱引きがあった。私はそれを楽しんでいる。それは競争の一部だ。それはスポーツマンとスポーツマンシップとしてとらえる必要がある」

トト・ヴォルフは、メルセデスの技術者がレッドブルに誘惑されるのを防ぐために賃金を引き上げる必要はないと考えている。

「お金によって誰かを失った場合、それはコアチームがどのようなことができているか、そして、どのような価値観が重要かを振り返ることが重要かもしれない」とトト・ヴォルフは説明する。

「それは必ずしも最高の小切手であるとはらない。失う人材もいれば、勝ち取る人材もいるだろう。しかし、結局のところ、私はメルセデスの哲学を信じており、我々は本当に良い雇用主であると信じている」

「プレッシャーが高い場所だが、楽しいこともたくさんある。我々はそれを誇りに思うことができる。我々はそれに頼らなければならない」

「行ったり来たりは常にあるものだ。だが、このように言っておこう。私はクリスチャンがどこの生まれかを理解している。彼は構造を構築したいと思っている。そこでは大きな小切手を書かなければならないときもある。しかし、それは問題ないことだ」

ホンダF1は、新しいE10燃料が導入される2022年向けのエンジンの開発でレッドブルへの支援を続けることを表明しており、トト・ヴォルフは、レッドブルの内部変更は“インテリジェント”だと評価する。スタッフの観点からも同じ敷地内にシャシー部門とエンジン部門を近接させるアプローチは理に叶っていると語る。

「私が知る限り、正しい戦略的ステップはレッドブルから動き始めたと思う」とトト・ヴォルフは語った。

「彼らは独自のパワーユニットでトラックを走り、新しいOEMが参加するかもしれない。それは確かにインテリジェントだ」

「ホンダとの取り決めとIPの引き継ぎも巧妙だ。そして、英国にいるので、彼らが英国のエンジニアを雇うことは明らかでだ。そして、おそらくそれらのエンジニアを提供できる企業は多くない。どのような戦略であるかは完全に理解している」

「レッドブルとクリスチャンがやっていることは非常に賢い。つまり、一方では自分たちの力に頼ってエンジン部門を設立し、他方ではホンダのノウハウと知財に頼ることができる。それは、パートナーとして大手自動車メーカーへの扉を閉ざすことなく、レッドブルが現在持っている学習曲線からも当然恩恵を受ける。それは実際にはお互いに有利な状況だ。彼らはまったく失うものはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1