メルセデスF1、フェルスタッペン&ラッセルのコンピ誕生の実現性は?
ルイス・ハミルトンとメルセデスF1の1年契約により、2022年にマックス・フェルスタッペンとジョージ・ラッセルがメルセデスF1でチームメイトになる可能性について議論が開始されている。F1ジャーナリストのマーク・ヒューズもその中の一人だ。

今週、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンのメルセデスF1との新しい契約がついに発表されたが、2021年シーズン末までの1年契約は多くの人を驚かせた。

必然的に契約満了とともにルイス・ハミルトンがF1を引退するとの推測に繋がった。その場合、メルセデスF1には少なくとも1つの空席ができる。

経験豊富なF1ジャーナリストであるマーク・ヒューズは、マックス・フェルスタッペンがそれを受け入れ、F1における支配の新時代をリードすることができると考えている。

「ハミルトンの短期契約は、レッドブルにとって心配なニュースであるに違いない。特に、チームにメーカーエンジンパートナーがいるかどうかに関するフェルスタッペンの契約(表面上は2023年末まで有効)に解除条項がある場合はそうだ」とマーク・ヒューズは The Race にコメント。

「メルセデスとフェルスタッペンの間には、彼がF1デビューする前から友好的な関係があった。それ以外、トト・ヴォルフはフェルスタッペンとの良好な対話を続け、レッドブルのクリスチャン・ホーナーを苛立たせてきた」

「ハミルトンが今年の終わりに運転業務から引退し、記録的な8番目のタイトルを達成するという見通しは、想像するのにそれほど難しいことではない」

「それが実現すれば、フェルスタッペンが最も明白な代替になるだろう。メルセデスが新しい空力規制に対する優位性を維持するなら、F1は単にハミルトン時代がフェルスタッペン時代に置き換えることになるかもしれない」

ジョージ・ラッセルは、2022年にメルセデスのために運転することになると広く予想されている。そして、マーク・ヒューズはマックス・フェルスタッペンが加わったとしても、まだラッセルがバルテリボッタに代わる大きな可能性であると信じている。

マーク・ヒューズは、それが起こった場合、ジョジ・ラッセルがマックス・フェルスタッペンと戦うために必要なものを持っていると考えている。

「メルセデスが彼を縛り付けていることへの敬意をゴム印で押したサヒールでのセンセーショナルな代役のパフォーマンスの後、ラッセルが22年に昇進することは明らかだろう」とマーク・ヒューズは付け加えた。

「2022年からメルセデスでのまったく新しいフェルスタッペン-ラッセルのラインナップが見られるか? それは実現可能以上のものだ」

「その場合、ラッセルは新しい時代がフェルスタッペンのものになるのを防ぎ、代わりにフェルスタッペン-ラッセルにすることができるだろうか? 彼はこれまでに彼に投げかけられたすべての挑戦に応えた。彼はそれを遂行できないと言う人はいるだろうか? このようなエキサイティングなアイデアがF1の展望に与えるダイナミックな品質は、ハミルトン時代にそれがどれほど予測可能になってしまったかを強調してい」

「あるいは…万が一、フェルスタッペンの契約にメーカーのエンジンブレーク条項がなく、2023年の終わりまでレッドブルに誠実にコミットすれば、おそらく全体の世界がラッセルのために開かれるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / マックス・フェルスタッペン / ジョージ・ラッセル