メルセデスF1 「リバースグリッドようなギミックはF1には必要ない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、リバースグリッド方式の予選レースの導入をブロックした理由を説明。F1にはそのような“ギミック”は必要ないと主張した。

先週、F1チーム代表たちは同じサーキットでの2戦連続で開催されるレースをよりエキサイティングなものにする方法として、片方の週末でリバースグリッド方式の予選レースを実施するというアイデアを議論した。

大半のチームはこの動きに賛成したが、メルセデスF1はその計画を受け入れることに断固として反対した。

F1がルールを変更するためには全会一致の同意が必要となるため、この計画は見送られることになり、2020年はシーズン全体を通して標準フォーマットで予選が行われることになった。

トト・ヴォルフは、メルセデスがリバースグリッドの事件を受け入れることを望まなかった3つの理由を挙げた。

「以前に分析され拒否された古いアイデアを掘り下げていることがF1の一般的なパターンのように思う。程なくして、誰かがそれが素晴らしいと考え、それは議題に戻ってくる」とトト・ヴォルフはメディア向けのテレビ会議で語った。

「皆さんは我々がそれに反対した理由に目を向ける必要がある。そこには3つの根本的な理由がある」

「まず、F1は実力主義だと私は信じている。最高のマシンに乗った最高の男が勝つ」

「我々には、よりエキサイティングなレースを生み出すためにフィールドを変えるようなギミックは必要ない」

「2つ目は、ツーリングカーレースからわかっていることがある。1つのレースの結果が基本的に次のレースのグリッドになるとき、戦略が非常に有用なツールになるということだ」

「想像してみてほしい。最初のシュピールベルクの週末の日曜日のレースでうまくいかないドライバーがいて、マシンをDNFすることに決めたとする。それは予選レースでポールポジションからスタートするマシンということになる」

「そして、もし予選レースでポールポジションでスタートするそのマシンがミッドフィルダーだった場合、彼は日曜日に確実にポールにいて、レースに勝つだろう」

「真ん中にマシンを置いて、できる限り防御し、ブロックしようとするだろう。したがって、後ろから来る速いマシンにとってはDNFのより多くのリスクを意味し、それはチャンピオンシップに影響を与える可能性がある」

「そして、3つ目は、純粋なパフォーマンスの観点から、最速ある可能性のあるマシン、それが必ずしも我々であるとは限らないが、彼らは上位からスタートするので、2番目と3番目に速いチームに比べてペナルティが課せられる」

「我々が知っているように、マージンはそれほど大きくないことが多いので、一部のチームにアドバンテージを与えるのは少し日和見的な動きだ」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1が変則的カレンダーを運用する機会を試用版の実験に使用しない場合はがっかりするだろうと述べたが、F1ファンでさえリバースグリッドは望んでいないようだ。

「興味深いことにF1のファンコミュニティの支持さえ得られなかった。そんなものを実験する時ではない」とトト・ヴォルフは語った。

「調査では、リバースグリッドに関心を示したのはわずか15%だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス