F1:トト・ヴォルフ 「メルセデス内の役割は“短期的”には何も変わらない」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、アストンマーティンのF1プロジェクトに参加するとの噂の中、少なくとも契約期間である2020年末まではその役割に変化はないと語るにとどめた。

トト・ヴォルフは、ダイムラーの会長であるオラ・ケレニウスとの関係に修復不可能な亀裂が生じているとされ、ローレンス・ストロールのアストンマーティンのプロジェクトに強く結びつけられている。

しかし、トト・ヴォルフは「私が読んだほとんどの記事では、人々は1+1=3という答えを考え出している」と Osterreich にコメント。

現在の状況についてトト・ヴォルフは「メルセデスとの契約は2020年末まで続き、我々が何をしたいのかについてはまだ議論の余地がある」

「これらすべてが新型コロナウイルスによって隅に押いやられている。なぜなら、我々たち全員には今解決すべきより大きな問題がある。我々の会社における人的問題だ」

すでにトト・ヴォルフは、すでにアストンマーティンの最高経営責任者(CEO)になるとの噂について「私はそこに戦略的投資をするつもりもない」と否定している。

ローレンス・ストロールとの関係については「ストロールと彼のチームは、我々のチームの大口顧客だ。さらにローレンスはビジネス上の関係に関わらず、長年にわたって私の親友だ」とコメント。

「ローレンスはアストンマーティンの会長になるし、こういう人たちは1に1を足して3を導き出せる」

それでも、トト・ヴォルフについての憶測がやむことはない。トト・ヴォルフは、内部的に問題があることを認める。

「今年でメルセデスとは8年目だ。私はこのスポーツとこのチームを愛している」とトト・ヴォルフは語る。

「だが、冬の間に行われた変化や個々の人々の行動にはいくらか驚かされた。私が2020年以降に何をするかを決める上でこのことが関係してくるのは確かだ」

「だが、私がメルセデスのモータースポーツ責任者であり、F1チームを担当していることに関しては、短期的には何も変わらない」

一方、トト・ヴォルフに関してルイス・ハミルトンとの関係も悪化しているのではないかとの噂もある。

「全く馬鹿げている。我々の関係はかつてなかったほど親密になっているし、今後のことについては毎日話し合っている」とトト・ヴォルフは語る。

「あらゆることが、我々がこれまでと同じような形で続けることになると示している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス