メルセデスF1代表 「2020年は3強+マクラーレンの戦いになる」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、マクラーレンが2020年のF1世界選手権で、優勝、さらにはチャンピオンシップを目指して戦うことができると考えている。

来年はレギュレーションが大きく変わらないため、メルセデス、フェラーリ、レッドブル・ホンダはパフォーマンス面でより接戦になることが予想されている。実際、2019年シーズンを通じて3強チームの差は劇的に縮小した。

マクラーレンは2019年に大きな進歩を遂げ、コンストラクターズ選手権で4位を獲得した。カルロス・サインツはF1ブラジルGPで5年以上ぶりにチームに表彰台をもたらした。

このマクラーレンの進歩はトト・ヴォルフの目に留まりました。

「我々はレギュレーションを変えないことでパフォーマンスの収束が起こるという見解を常に擁護してきました。少なくとも、サイコロを投げて何か新しいものを導入するのではなく、収束が起こる可能性が高いと考えている」とトト・ヴォルフはコメント。

「今日はレースに勝てるチームが3つあると言っても過言ではない。もし、物事がまとめることができれば、チャンピオンシップに勝てるだろう」

「マクラーレンは大幅にキャッチアップしたし、おそらくすべてのチームの中で最も急勾配のパフォーマンス上昇だった。私の意見で彼もそこにいるだろう。

「非常に厳しいシーズンになると思う。来年は1チームが10勝や12勝を挙げるなどということはもう見られないと思う。だが、我々は弱点を最適化するためにあらゆることを試して、パフォーマンスを発揮し続けていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / マクラーレン