メルセデス F1 Tウィング
メルセデスは、F1バーレーンGPの金曜フリー走行後にTウィングを強化。「バットで叩いても外れない」とモータースポーツ責任者のトト・ヴォルフは自信をみせた。

F1バーレーンGPのフリー走行2回目、バルテリ・ボッタスのメルセデスからTウィングが脱落し、それを踏んだマックス・フェルスタッペンのレッドブルのフロアにダメージを与えるという事故があった。

前戦F1中国GPでもバルテリ・ボッタスのマシンからTウィングが脱落していた。

FIAは土曜日のフリー走行3回目まで再び外れないように強化するか、デバイスを取り外すよう指示した。

フリー走行3回目と予選では、メルセデスの2台にTウィングは装着されており、バルテリ・ボッタスがチームメイトのルイス・ハミルトンに0.023秒差で自身初となるポールポジションを獲得している。

「問題は解決した。強化された」とトト・ヴォルフは予選後にリポーターにコメント。

「もう野球のバットでも外すことはできないだろう。問題ないはずだ」

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、金曜日の事故を受け、Tウィングを禁止するよう訴えている。

クリスチャン・ホーナーの発言についてどう思うかと質問されたトト・ヴォルフは「それは明らかにクリスチャンのニーズだ」とコメント。

「他のクルマから機能しているパーツを取り去ろうとするものだ。完全にそれは理解できる。加えて、彼らのフロアを駄目にしたんだからね」

FIAは、Tウィングとシャークフィンの両方を2018年に禁止にすることを示唆している。

関連:レッドブル、脱落事故を受けてTウィングの禁止を訴える

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス