マクラーレンの2022年12月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレンF1代表 「18インチタイヤへの適応でライバルより苦労」

2022年12月30日
マクラーレンF1代表 「18インチタイヤへの適応でライバルより苦労」
マクラーレンF1の新しいチーム代表であるアンドレア・ステラは、2022 年に導入されたピレリの新しい18インチF1タイヤへの適応にライバルよりも苦労したことを認める。

18インチタイヤへの切り替えは、今年の改訂されたF1技術規則の大きな部分を占めていたが、シーズン中にポーパシングと新しいルールの空力への影響に注意が向けられたため、見過ごされがちだった。

ダニエル・リカルド、2023年はレースシートなしもF1キャリアで最高年収

2022年12月29日
ダニエル・リカルド、2023年はレースシートなしもF1キャリアで最高年収
ダニエル・リカルドは、2023年にフルタイムのF1シートがないにもかかわらず、F1キャリアで最高額の給与を獲得するとされている。

2シーズンの期待外れな結果を受け、マクラーレンF1は、ダニエル・リカルドとの契約を1年早くに解消し、ルーキーのオスカー・ピアストリを起用することを決定した。

ザク・ブラウン 「ザイドルのアウディ移籍にマクラーレンF1の落ち度はない」

2022年12月28日
ザク・ブラウン 「ザイドルのアウディ移籍にマクラーレンF1の落ち度はない」
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、同チームはアンドレアス・ザイドルがアウディに移籍するのを止めることはできなかったと信じており、“技術志向”のアンドレア・ステラはF1チーム代表として成功するのに適していると感がている。

マクラーレンは、12月のF1チーム代表の大シャッフルの中心にあったチームの1つだった。アンドレアス・ザイドルは、マクラーレンは新しいザウバーにCEOとして移籍。

「マクラーレンが支援していればアロンソは07年と08年にF1王座を獲れた」

2022年12月28日
「マクラーレンが支援していればアロンソは07年と08年にF1王座を獲れた」と元担当レースエンジニア
フェルナンド・アロンソの元レースエンジニアであるマーク・スレイドは、マクラーレンから適切にサポートされていれば、アロンソは2007年と2008年のF1ワールドチャンピオンを獲得できたはずだと語る。

ルノーで2連覇を達成した後、フェルナンド・アロンソは2007年にマクラーレンに加入し、当時ルーキーだったルイス・ハミルトンのパートナーとなった。

ダニエル・リカルド 「オスカー・ピアストリのF1契約紛争を気の毒に思う」

2022年12月27日
ダニエル・リカルド 「オスカー・ピアストリのF1契約紛争を気の毒に思う」
ダニエル・リカルドは、2022年F1シーズン中に展開された契約紛争でオスカー・ピアストリを気の毒に思ったと語る。

オスカー・ピアストリは来年マクラーレンF1でレースをする予定で、2年間の散々な結果でチームを去ったダニエル・リカルドの後任となる。

マクラーレン 「パロウとオワードはF1で活躍する可能性を秘めている」

2022年12月26日
マクラーレン 「パロウとオワードはF1で活躍する可能性を秘めている」
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、アレックス・パロウとパトリシオ・オワードはF1で活躍する可能性を秘めたドライバーだと語る。

両方のドライバーは今年、マクラーレンF1チームでテストプログラムを実施した。これは主に、シーズン終盤のルーキーFP1セッションの出走に備えたものだった。アレックス・パロウとパトリシオ・オワードは、それぞれアメリカとアブダビのFP1セッションでMCL36 に乗り込んだ。

マクラーレンF1 「ホンダF1とダニエル・リカルドとの契約終了に類似点」

2022年12月25日
マクラーレンF1 「ホンダF1とダニエル・リカルドとの契約終了に類似点」
マクラーレン・レーシングの CEO であるザク・ブラウンは、ホンダF1との決別とダニエル・リカルドとの契約終了には類似点があると考えている。これはチームがホンダF1との失敗から教訓を学んだことを示している。

ダニエル・リカルドは、2021年F1イタリアGPでの勝利を除けば、ランド・ノリスに匹敵することができず、期待に応えられなかった困難な2年間を経て、予定されていた契約終了前にマクラーレンF1チームを去った。

マクラーレンF1 「ランド・ノリスを引き抜かれる心配はしていない」

2022年12月24日
マクラーレンF1 「ランド・ノリスを引き抜かれる心配はしていない」
マクラーレンF1は、ランド・ノリスが他のF1チームにとって明らかな標的であるにもかかわらず、長期的に保有できると完全に信頼を置いていると主張する。

ランド・ノリスは、今年初めにマクラーレンF1チームと2025年末まで新たな契約にサインした。しかし、マクラーレンのF1チーム代表であるアンドレアス・ザイドルがザウバーに移籍したことで、チームが2026年にアウディとしてブランドを変更した場合、ノリスを誘惑する可能性があるという提案がすでに出ている。

ザク・ブラウン 「私が到着したときのマクラーレンF1はバラバラだった」

2022年12月22日
ザク・ブラウン 「私が到着したときのマクラーレンF1はバラバラだった」
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、彼が最初に到着したとき、スタッフ間の信頼の欠如によってF1チームがどのように麻痺したかを明らかにした。

2016年末にザク・ブラウンが加入した頃のマクラーレンF1チームは、コース上ではホンダF1とのパートナーシップが問題を抱え、コース外ではロン・デニスとマンスール・オジェの間の取締役会の戦いが繰り広げられていた。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム