「フェラーリはルクレールをナンバー1に据えるべき」と元F1ドライバー
シャルル・ルクレールの元チームメイトであるマーカス・エリクソンは、すでに2022年のタイトル争いにおいてルクレールがスクーデリア・フェラーリでナンバー1の役割を獲得するのに十分なことをしていると考えている。

現在、シャルル・ルクレールは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンを19ポイント上回ってドライバーズチャンピオンシップをリードしている。序盤3戦ではフェルスタッペンが2回のリタイアを喫したことで46ポイントの巨大なリードを築いていた。

しかし、エミリア・ロマーニャとマイアミでのレッドブル・レーシングと比較して、スクーデリア・フェラーリのペースが落ちているため、マーカス・エリクソンは、タイトル争いでフェラーリがシャルル・ルクレールに比重を置く時が来たと信じている。

シャルル・ルクレールは今年これまでに104ポイントを獲得しているが、カルロス・サインツはオーストラリアとイモラでのコストのかかるエラーによってわずか53ポイントしか獲得できていない。

マーカス・エリクソンは、スクーデリア・フェラーリに今後のチームのヒエラルキーを強化するよう促した。

「シャルルは今年リーダーの役割を果たしており、彼らはチャンピオンシップのために彼をサポートしなければならないだろう」とマーカス・エリクソンはF1 Natinのポッドキャストで語った。

「カルロスがここ数週間の週末を運転してきた方法を見れば、彼はおそらくそれに同意しているようには見えないけどね! 彼はシャルルに先んじようとしているけど、過去に見たように、チャンピオンシップを目指すチームにとって、マックスとルイス(ハミルトン)が過去数年そうだったように、明確なリーダーがいることは常に良いことだ。だから、今後はシャルルのコーナーにサポートが行われべきだと思う」

マーカス・エリクソンは2018年にシャルル・ルクレールのチームメイトであり、経験豊富なエリクソンがアルファロメオ・ザウバーでルーキーのルクレールを迎える形になった。ルクレールは、2017年にF2でチャンピオンシップを獲得した後、F1に昇格した。

マーカス・エリクソンは、シャルル・ルクレールの経験不足にもかかわらず、並外れた才能を持っていることはすぐに明らかだと語る。

「彼がF1に入った2018年にすでに彼は非常に速いレースカードライバーであることがすぐにわかったと思う」とマーカス・エリクソンは語った。

「それについては疑いの余地がないと思う。誰もがそれを見ることができると思う」

「しかし、彼の働き方、彼の労働倫理も、すぐにわかる。彼はうまくやり、学ぶという決意に満ちていたし、私に話しかけて、たくさんの質問をしてきた」

「僕はその時点でかなりの経験があった。でも、彼は車の中ですぐにとても速かった。彼は彼自身の最悪の批評家であり、自己批判的だ。彼がミスを犯したときは、それらの責任を負い、そこから学ぶ」

マーカス・エリクソンは、イモラでレッドブルのセルジオ・ペレスを追い詰めながら3位からスピンアウトしたコストのかかるミスを犯した後、シャルル・ルクレールが持つ精神的な回復力が彼を強力な脅威にしていると語った。

「それがシャルル・ルクレールの最大の強みの1つだと思う。彼は時々ミスを犯し、そこから学び、そこから先に進み、強くなる」とマーカス・エリクソンは説明しました。

「彼はクールな頭で、プレッシャーの下で繁栄すると思う。彼はそれで本当にうまくいくと思う」

「彼の傍で僕が見たのは、彼にかかるプレッシャーが大きければ大きいほど、彼のパフォーマンスは良くなった。彼はそのような人だった。フェラーリは本当に前線で戦う車を持っていなかったので、彼はここ数年イライラしていたと思う、そして、今、彼はそれを持っている。僕たちがこれまで見てきたことから、彼にそのようなプレッシャーがかかっているときは結果を出す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / マーカス・エリクソン