ローガン・サージェント「最初のF1シーズンでコースに出るのが待ち切れない」
ローガン・サージェントは、2023年のウィリアムズのF1ドライバーとして正式に発表された後、ヤス・マリーナ・サーキットで2022年のF1ポストシーズンテストに参加した。

ウィリアムズF1チームは、アレクサンダー・アルボンとローガン・サージェントという2023年のドライバーがそれぞれレギュラードライバー枠とヤングドライバー枠でピレリの2023年タイヤをテスト。6番手と7番手という好タイムでシーズンを締めくくった。

ローガン・サージェントは「今日はうまくいった。一日を通して徐々に進歩し、テスト計画を実行し、必要なすべてのラップを完了した。一日の終わりには、とても快適に過ごせた」とコメント。

「FP1ではなく丸1日かけて、すべてを本格的に把握できたのは本当に良かった」

「僕のシーズンはまだ終わっていない。次のシーズンに向けて準備するために、これからの3か月間でやらなければならないことがたくさんある。厳密に言えば、ジムに行って、シミュレーターで走り、グローブの全員と協力して、あらゆる手段を講じてく。F1での最初のシーズンに向けて、ウィンターテストでコースに戻るのが待ちきれない」

ウィリアムズF1のビークルパフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは「2022年シーズンを締めくくる非常に生産的な一日を過ごした。両方の車が確実に走行し、アレックスとローガンは意図したプログラムを実行できた」とお面と。

「アレックスは一連のタイヤテストを実行し、さまざまな路面温度と燃料負荷で2023タイヤを調査した。ローガンは、F1テストの本格的な1日を初めて経験し、2023タイヤへの有益な経験を得た。我々はFP1セッションよりも多くの仕事を彼と行うことができたし、彼がしたことはすべて、我々が来年2月に行う重要なプレシーズンテストのために彼をうまくセットアップするだろう」

「すべてのドライバーがそれぞれのプログラムを完了しているため、タイムシートは今日はあまり意味がない。しかし、2人のドライバーがソフトなコンパウンドでトップに近い非常に良いラップを走らせているのを見ることができて良かった。ローガンは非常に優れた運転をしており、アレックスにこれほど近づくのは当然のことだった」

「今日は2台のマシンで200周の走行を完了したが、そのほぼすべてが明確な目的を持って計画に従って実行された。エンジニアリングチームは非常によく計画され、実行された1日のテストをまとめてくれた。これにより、来年初めにトラックに戻る前の休憩に向けてうまく準備が整った」

アレクサンダー・アルボンは「今日のポストシーズンテストでは、十分な走行距離を得ることができ、すべてが計画どおりに進んだ」とコメント。

「来年に向けてさまざまなコンパウンドをすべてテストする必要があり、タイヤの違いを理解するために冬の間に多くのデータを確認する必要があるけど、必然的に大きな違いはない。すべて小さなことだと思う」

「可能な限り最高のマシンでバーレーンに参戦できるようにするためのハードワークは今から始まっており、今日得たすべてのデータがそれを実現するのに役立つと思う」

F1 ウィリアムズ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ローガン・サージェント / ウィリアムズ