F1 ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、自身のF1復帰に関するセバスチャン・ベッテルの否定的な発言は気にしていないと語る。

セバスチャン・ベッテルは、ロバート・クビサが事故から回復してF1に復帰することを嬉しく思う一方で、“チャンスに値する若いドライバーたちがいる”と複雑な心境を抱いていることを明かしていた。

2011年のラリーの事故から8年ぶりにウィリアムズからF1に復帰するロバート・クビサは、セバスチャン・ベッテルのそのような発言は気にしていないと語る。

「誰もが自分の意見を持っている」とロバート・クビサはポーランドのラジオ局 RMF FM にコメント。

「全員が僕が復帰することを快く思っているわけではない。他のドライバーもいるときは競争が大きくなるのは普通のことだ」

「それに実際にベッテルが僕よりもずっと若いとは言えないと思うし、その一方で、例えば僕のチームメイト(ジョージ・ラッセル)など多くの若いドライバーがF1に入ってくる」

関連:セバスチャン・ベッテル、ロバート・クビサのF1復帰は“複雑な心境”

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | セバスチャン・ベッテル