ハースF1のケビン・マグヌッセン 「オコンは卑劣な無線メッセージでFIAを騙した」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、自分に損傷したフロントウイングについてエステバン・オコンの卑劣な無線メッセージがFIAを騙したこと批判。F1ドライバーはグランプリ中に「楽に」FIAに影響を与えることができると語った。

ケビン・マグヌッセンは、F1カナダグランプリのオープニングラップでルイス・ハミルトンと接触し、フロントウィングが曲げたように見えた。

ケビン・マグヌッセンはエンジニアと話をしたが、パフォーマンスに影響を与えていないため、新しいフロントウイングに交換するためにピットインする必要はないと言われた。

しかし、その直後、ケビン・マグヌッセンはスチュワードからブラック&オレンジフラッグを振られ、ピットに戻って損傷した部分を修理するように命じられた。これは、わずか数周後のバーチャルセーフティカーと相まって、予選で好成績を収めて5番グリッドからスタートしていたマグヌッセンのレースを事実上に終わらせた。

ケビン・マグヌッセンは、フロントウイングに損傷は「何もなかった」とし、FIAから裁定は出されなかったが、ライバルの1人 - エステバン・オコン - からの無線メッセージが彼らの決定に影響を与えた可能性があると述べた。

テレビ放送で、エステバン・オコンは、彼のエンジニアにケビン・マグヌッセンのフロントウイングが落下する可能性があり、危険であると信じていると語っていた。

「ウイングがぶら下がっているのを見ることができる。たぶん、落ちるだろう。それが外れたら、僕の顔にぶつかるろう」とエステバン・オコン語った。

しかし、ケビン・マグヌッセンは、レース後にエステバン・オコンがやってきて「FIAに影響を与えることができる」と笑っていたことを明らかにした。

「今、オコンと話したところだけど、彼はFIAは実際にどれだけ酷いを冗談を言っていた」とケビン・マグヌッセンは述べた。

「そのようにFIAに影響を与えることができると知っているなら、そうするよね? 彼はそれをやった。フェアプレーだ」

「でも、僕たちにそのようなくだらない運転をさせなければならない。なんでもなかった。ちょっと接触があったけど、深刻なことは何もなかった。フロントウィングに少し引っ掻き傷ができて、ピットインするように言われた」

アゼルバイジャングランプリでは、角田裕毅がDRSフラップの修理を必要としていたためブラック&オレンジフラッグを提示された。

ケビン・マグヌッセンはF1ドライバーにそれを許可する必要があると考えている。

「車は大丈夫だった」と彼は言った。「フロントウィングは安全で壊れていなかった」

「昨年のジェッダを思い出してほしい。ルイス・ハミルトンは、半分になったフロントウィングでレースに勝った。それは正しいことだと思う。できるなら、レースをさせようよ」

「突然、非常に違ったものになったように感じている。モナコでは、小雨が降り始めたので彼らは僕たちをスタートさせなかった。ここでフロントウイングに引っ掻き傷があったので呼ばれた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / F1カナダGP / ハース / エステバン・オコン