F1:イモラ、2022年のF1カレンダーでレギュラー復帰?
イモラ・サーキットが、2022年のF1カレンダーでレギュラー復帰すると報じられている。

2006年までF1サンマリノGPを主催していたイモラ・サーキットは、それ以降はしばらくカレンダーから姿を消していたが、昨年と今年に新型コロナウイルスで中止となったグランプリの代替開催としてF1エミリア・ロマーニャGPの名前でレースを開催した。

先月、2022年以降はポール・リカールでのF1フランスGPに代わって、イモラが恒常的にF1カレンダーに復帰すると報じられたが、さらに2022年から2025年までの契約締結にむけて準備が整っていると伝えられている。

エミリア・ロマーニャ地域のステファノ・ボナッチーニ知事は、イタリアのマリオ・ドラギ首相か契約の承認を得ており、年間2000万ユーロの開催費で契約が結ばれるという。

「まったく明白ではなかったこの目標を達成することを可能するために首相と大臣が行ってくれたチームワークに感謝する」とステファノ・ボナチーニは語った。

また、ステファノ・ボナッチーニは、この契約はイタリアの自動車クラブの社長、アンジェロ・スティッキ・ダミアーニとF1のCEOのステファノ・ドメニカリに依存していると語った。

「彼らが複数年契約に署名することを願っている」とステファノ・ボナッチーニは言いました。

「我々は今、歴史的なマイルストーンまであと一歩のところに来ている。政府が決定的な措置を講じた後、最終的に2022年から2025年まで開催可能であることを発表できる」

また、ロイターによると、2022年はF1中国GPがカレンダーから外される見込みだとしている。

2022年のF1カレンダーの初版は、10月15日にパリで開催されるFIA 世界モータースポーツ評議会で承認後、公表される予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イタリアGP