ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグは、今シーズン限りでウィリアムズを離れることを発表した。

ブラジルGPでウィリアムズに5年ぶりのポールポジションをもたらしたニコ・ヒュルケンベルグだが、今朝チームを離脱することを正式に発表した。

「とても残念に思う。ウィリアムズに残れたらハッピーだっただろうね」とニコ・ヒュルケンベルグは声明のなかで述べた。

「素晴らしい時間を過ごしたチームに感謝したいし、今後のウィリアムズの幸運を祈っている」

フランク・ウィリアムズは、ヒュルケンベルグ離脱の理由は明かしはしなかったが、ヒュルケンベルグのデビューシーズンを称賛した。

「最初に、今年のニコのハードワークに感謝したい」とフランク・ウィリアムズは述べた。

「彼をサポートしてきたことを非常に誇りに思っている。彼はF3とGP2でタイトルを獲得し、F1デビューした」

「ウィリアムズは長年にわたって若い才能をスポーツにもたそうとしてきた。ニコは素晴らしいことを続けると確信している。彼の幸運を祈っているし、将来再び我々の道が交差することを願っている」

ニコ・ヒュルケンベルグのマネージャーを務めるウィリー・ウェバーは、他チームと交渉を行っており、来シーズンもヒュルケンベルグが走ることを確信していると述べた。

「他チームと交渉している。ニコは2011年にF1シートを獲得するだろう」とウィリー・ウェバーは述べた。

しかし、ヒュルケンベルグの選択肢は限られているように見える。ヴィタリー・ペトロフはルノーとの契約を更新するとみられており、フォース・インディアとロータスぐらいしか有望なシートは残っていない。その他のオプションとしては、他のチームでリザーブドライバーとして1年過ごし、2012年のレースシートを目指すことだ。

AUTOSPORT によると、ウィリアムズはヒスパニア・レーシングと複数年契約を結びヒュルケンベルグを所属させることを目指していたが、ヒュルケンベルグは拒否したとしている。

関連:
ウィリアムズ、ルーベンス・バリチェロの残留を発表 - 2010年11月15日
パストール・マルドナド、ウィリアムズとの契約にサイン? - 2010年10月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ウィリアムズ