ホンダF1の2020年08月のF1情報を一覧表示します。

レッドブル・ホンダF1 決勝分析:ルノーから3位を“守った”レース

2020年8月31日
レッドブル・ホンダF1 決勝分析:ルノーから3位を“守った”レース / F1ベルギーGP
レッドブル・ホンダF1にとって、2020年のF1ベルギーGPはメルセデスに挑戦するよりも、むしろルノーから3位を守ったレースとなった。

マックス・フェルスタッペンが決勝でメルセデスに割って入るためのチャンスは2つしかなかった。1つはスタート、そして、2つはピットストップ(タイヤ戦略)だ。しかし、そのどちらもルノーのダニエル・リカルドによって阻まれることになる。

レッドブル・ホンダF1 「両方のマシンで堅実なポイントを獲得できた」

2020年8月31日
レッドブル・ホンダF1 「両方のマシンで堅実なポイントを獲得できた」 / F1ベルギーGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPの決勝レースを振り返った。

マックス・フェルスタッペンは前方のバルテリ・ボッタス(メルセデス)にプレッシャーをかけるべくプッシュするが、レース終盤にかけてタイヤの摩耗を抑える必要が出てきたため、ポジションを守る走りへと切り替えて3位でフィニッシュ。

マックス・フェルスタッペン 「タイヤに集中せざるを得えなかった」

2020年8月31日
マックス・フェルスタッペン 「タイヤに集中せざるを得えなかった」 / レッドブル・ホンダ F1ベルギーGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPの決勝で6戦連続の表彰台となる3位フィニッシュを果たした。

ミディアムタイヤで3番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、オープニングラップでダニエル・リカルド(ルノー)と激しく競り合い、3番手をキープ。

ダニール・クビアト 「不運にも僕が機能しないほうの戦略となった」

2020年8月31日
ダニール・クビアト 「不運にも僕が機能しないほうの戦略となった」 / アルファタウリ・ホンダ F1ベルギーGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPの決勝を11位で終えた。

ミディアムタイヤを履いたダニール・クビアトは12番手でレースを進めた。セーフティカー中のピットインでトップ10圏内までポジションを上げるも、終盤にペースで上回るピエール・ガスリーを前へ出し、11位でレースを終えた。

マックス・フェルスタッペン、3位表彰台も「かなり退屈なレースだった」

2020年8月31日
マックス・フェルスタッペン、3位表彰台も「かなり退屈なレースだった」 / レッドブル・ホンダ F1ベルギーGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPの決勝で3位表彰台を獲得したが、走行中に“ほとんどやることがない”“退屈”なレースだったと語った。

3番グリッドのマックス・フェルスタッペンは、フロントロースタートのメルセデス勢に挑戦することを望んでいたが、レースウィナーのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの後ろで孤独な走りで3位でチェッカーを受けた。

アレクサンダー・アルボン 「タイヤ選択が正しくなかったかもしれない」

2020年8月31日
アレクサンダー・アルボン 「タイヤ選択が正しくなかったかもしれない」 / レッドブル・ホンダ F1ベルギーGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPの決勝レースを6位で終えた。

5番グリッドからソフトタイヤでスタートしたアレクサンダー・アルボンは、オープニングラップでエステバン・オコン(ルノー)にポジションを奪われるも、ミディアムへと交換したピットストップで取り戻す。

ピエール・ガスリー、8位入賞 「アントワーヌのために好結果を目指した」

2020年8月31日
ピエール・ガスリー、8位入賞 「アントワーヌのために好結果を目指した」 / アルファタウリ・ホンダ F1ベルギーGP 決勝
アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、2020年のF1世界選手権 第7戦 ベルギーGPの決勝で8位入賞を達成。1年前のレース中の事故で亡くなったアントワーヌ・ユベールのために好結果を目指した“重要な日”だったと語った。

12番グリッドからグリッド上で唯一ハードタイヤを選択したピエール・ガスリーは好調なペースを見せ、序盤で8番手までポジションアップ。11周目のクラッシュによるセーフティカーでステイアウトを選択したガスリーは4番手までポジションを上げる。

ホンダF1、4台のうち3台が入賞「まずまずの結果」と田辺豊治TD

2020年8月31日
ホンダF1、4台のうち3台が入賞「まずまずの結果」と田辺豊治TD / F1ベルギーGP 決勝
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPの決勝を振り返った。

F1ベルギーGPでは、レッドブル・ホンダのマックス:フェルスタッペンが3位に入り、6戦連続で表彰台を獲得。チームメイトのアレクサンダー・アルボンは6位、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが8位とホンダのF1パワーユニット勢は3台がポイントを獲得。

ピエール・ガスリーがドライバー・オブ・ザ・デー / F1ベルギーGP

2020年8月31日
ピエール・ガスリーがドライバー・オブ・ザ・デー / F1ベルギーGP
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーが、2020年のF1世界選手権 第7戦 F1ベルギーGPでファンが選出する『ドライバー・オブ・ザ・デー』に選出された。

12番グリッドからハードタイヤでスタートする選択をしたピエール・ガスリーは、オープニングラップで9番手に浮上。そして、10周目にアントニオ・ジョビナッツィとジョージ・ラッセルのクラッシュによってセーフティカーが入った際にステイアウトすることを選択する。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム