ルイス・ハミルトン 「ストレートではなくコーナーで少しバウンシング」 / メルセデス F1イギリスGP 金曜フリー走行
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの金曜フリー走行を2番手タイムで終えた。

メルセデスF1は、イギリスグランプリにW13にアップデートを投入。半常設の低速サーキットであるモントリオールから、常設サーキットで高速のシルバーストンとタイプの異なるトラックでの投入によってアップグレードによる違いを感じるのは困難だとし、まだコーナーでバウンシングは見られると語る。

それでも、2番手タイムを獲得したルイス・ハミルトンは、初日の走行に満足していると語った。

また、ジュエリー禁止令に違反していたことで出場停止も噂されていたルイス・ハミルトンだが、金曜フリー走行には耳と鼻につけていたピアスをすべて外し、ペナルティを回避している。

「良い一日でした。FP1で10周を走ったけど、かなり良かったし、満足している」とルイス・ハミルトンはコメント。

「ストレートではなくコーナーで少しバウンシングしているので、まだやるべきことがある。小さな前進のように感じるけど、僕たちは働き続けなければならない この車では、その剛性と乗り心地の特徴によって、以前と同じようにトラックを運転することはできないけど、それでも、マグゴット、ベケットは楽しい。ストウもね。メガだし、僕のお気に入りのコーナーだ」

「低速コーナーのモントリオールから中高速コーナーのここはかなり異なるトラックなので、アップグレードを感じるのは困難だった。 トラックは最近よりもスムーズだったし、はるかに良くなっているけど、全般的にこのトラックは最高だし、今でも運転していて身の毛がよだつ」

「僕たちのロングランなペースは他の人たちほど良くはなかったけど、それほど離されてもいない。観客は僕に希望を与えてくれる。ここで彼らに合えるのはとてもうれしいし、サポートに本当に感謝している」

ルイス・ハミルトン メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1イギリスGP