ルイス・ハミルトン、戦略がすべて裏目に「すべての災難が降りかかった」 / メルセデス F1サウジアラビアGP決勝
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリの決勝を10位でフィニッシュした。

土曜日の予選でまさかのQ1敗退という結果に終わったルイス・ハミルトン。日曜日の決勝ではいくつか輝きを見せたが、挽回を期した2つの戦略は思い通りに展開することはなかった。

ルイス・ハミルトンは、ハードタイヤでレースを開始することを選択したが、ニコラス・ラティフィの事故のためにそのギャンブルからのアドバンテージは初期のセーフティカーで取り消され、ライバルは15周目に耐久性のあるコンパウンドに切り替えることができた。

その後、再びセーフティカーが導入されるのを待って第1スティントを延ばしたルイス・ハミルトンだったが、レースの後半の複数のリタイアによるバーチャルセーフティカーから同様の「フリーストップ」を取得するという彼の希望は、重要な瞬間にピットレーンが閉鎖されたことによって妨げられた。

「最初はタイヤの温度に苦労していたけど、その後少し良くなり始めたし、前に出てきた人たちに追いつき始めた。レースはハードタイヤで比較的順調に進んでいた」とルイス・ハミルトンは語った。

「彼ら(ライバル)はミディアムタイヤを履いていた。ミディアムはドロップオフし始めていたし、本当に良いスティントだった。プッシュしていた」

「新品のハードを履いたラッセルとほぼ同じタイムでは走っていたと思うし、その時点でフィーリングは良かった。ハードタイヤがいかに古かったかを考えれば、それなりのタイムを出せていた」

しかし、36周目にフェルナンド・アロンソ、ダニエル・リカルド、バルテリ・ボッタスのテクニカルリタイアが発生し、その後のVSCのタイミングは強力な挽回を成功させるという彼の希望を妨げた。

「それらの車が止まっている間、すべての災難が降りかかった」とルイス・ハミルトンは語る。

「でも、最後の戦略 ー 戦略と言っていいのか、ただのVSCだったのかは分からないけど、僕たちは多くを失った」

「がっかりしているけど、少なくとも1ポイントは獲得できた。少なくともチームのためにポイントを獲得できた。もちろん、最終結果は素晴らしいものではないけどね」

ルイス・ハミルトンは、先週の開幕戦の終わり以来、チームがポーパシングも問題の処理に追われ、ペース面で多くの前進を遂げるのに十分な時間がなかったことに同意した。

「(バーレーンから)ほんの数日しか経っていない」とルイス・ハミルトンは指摘した。

「今日、僕は最後にハースに追いつくことができなかった。彼らにはパワーがあるし、レースの早い段階でマグヌッセンを追い抜いたときに、彼らは飛んで来て、僕を追い越していった」

「ただ一つの修正ではなく、いくつかのことが絡んでいる。僕たちが他チームと比較してどれだけのドラッグが大きいかは分からないけど、かなり大きいのように感じる」

「バランスに関しては、車は良い感じだったけど、十分な速さではなかった」

「やるべきことはたくさんあるのは確かだけど、僕には素晴らしいチームがいることは分かっている。僕たちは集中して改善しようとしている」

「今のところ、僕たちはトップステップのために戦っていない。僕たちはまだ前の人たちから遠く離れている」でも、僕たちちは一生懸命働き続け、戦い続けていく。僕たちにできることはそれだけだ」

ルイス・ハミルトン F1 サウジアラビアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1サウジアラビアGP