問題視されるルイス・ハミルトンのF1イギリスGP優勝後のお祝い
ルイス・ハミルトンは、F1イギリスGPでのマックス・フェルスタッペンとの接触事故よりも、その後の勝利のお祝いの方が問題視されているようだ。

1周目に接触してバリアにクラッシュしたマックス・フェルスタッペンが入院して検査を挙げている間、ルイス・ハミルトンはペナルティを消化して、トップチェッカーを受け、満員の母国の観客の前で勝利を誇示した。

その態度は“アンチ・ハミルトン”の反感を高め、ソーシャルメディアでは人種差別的中傷が溢れ(実際にはクラッシュ時から始まっていたが・・・)、F1界は断固としてそのような誹謗中傷を許さないことで団結した。

実際、ルイス・ハミルトンに非があるとしてペナルティは科せられたが、“出場停止”だと息を荒げているレッドブル陣営以外は、高速コーナーという特性を考慮した意見はあるものの、レーシングインシデントだったという意見が専門家の多数を占めている。

しかし、問題視されているのは、マックス・フェルスタッペンが怪我をしている可能性があるにも関わらず、ルイス・ハミルトンが派手に自分の勝利を祝ったことだ。

Ziggo Sportの人気のピットレーンレポーターであるジャック・プローイュは、ソールドアウトとなった満員のシルバーストンでの観客に対するルイス・ハミルトンの態度が突然変わったことは注目に値すると述べた。

「木曜日に、ルイスはこんなに大勢の人が集まるのは気が進まない言っっていた」とジャック・プローイュは F1A an Tafelのポッドキャストに語った。

「彼は感染とその危険を怖い言っていた。だが、レース後、彼はそれらの14万人がそこにいたことがどれほど素晴らしいかについて叫んでいた」

「その背後には多くの政治があったと思う。チームは彼に『このチャンピオンシップにできるだけ多くのエネルギーを注ぎなさい』と伝えた。それが私の気持ちだ」

したがって、ジャック・プローイュは、マックス・フェルスタッペンが病院でCTスキャンを行っている間は、ルイス・ハミルトンは祝賀会を“自粛”し、フェルスタッペンに「敬意を表する」べきだったと考える人々に加わった。

「彼はパーティーをするべきではなかった」とジャック・プローイュは主張した。

「チームはマックスが入院していることを彼に告げるべきだったし、彼はしばらくそれをするべきではあなかった。本当に良くなかった」

「一年中、リスペクトについて説教し、他の誰かにそういったリスペクトを求めているのであれば、彼もそれを与えなければならない」

「だが、マックスはこれからより強くなるだろう」

元レッドブルのF1ドライバーであるロバート・ドーンボスはさらに一歩進んで、マックス・フェルスタッペンが入院中に行ったルイス・ハミルトンの「パーティー」を「病気」と表現した。

「彼はその瞬間にスポーツマンとしてヒーローからゼロになった」とロバート・ドーンボスは Ziggo Sport に語った。

「ホームレースに勝つことは特別なことだが、ペナルティがあり、抜かせてくれるチームメイトがいて、ライバルをノックアウトしたなかで、それは適切なことだとは思わなかった」

しかし、ロバート・ドーンボス、マックス・フェルスタッペンが事件と論争からすぐに“先に進む”と考えており、フェルスタッペンがインスタグラムの投稿の最後にハミルトンを批判した言葉を実際に使用したことを指摘した。

マックス・フェルスタッペンは「僕はまだ病院だけど、お祝いしているのを見た。失礼だし、スポーツマンシップに反する行為だ。でも、僕たちは前に進む」と投稿している。


「マックスは今年とても強いし、今回のことはシルバーストンに置いていく信じている」とロバート・ドーンボスは語った。

「実際、彼はそれを手放して、進み続けなければらない。彼は感情がおさまるのを許さなければならない」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1イギリスGP